2016/06/21

豚肉って最強

サラームノ!



青年海外協力隊って知ってますか?

たまに電車の広告にありますよね。

途上国に渡り、現地で教育や衛生など、様々な分野で活躍している人達です。

実はエチオピアの協力隊の隊員にカイロの宿で会い、今回僕がアディスアベバに行くということで案内してもらうことになりました。



待ち合わせ場所は「トモカコーヒー」。

ここはエチオピアのコーヒー屋の老舗で、朝から賑わってました。



IMG_6079.jpg



エチオピアはコーヒーが有名なんです。

待ち合わせまでまだ少し時間があるので僕もコーヒーをすすって待ちます。

マキアートで12ブル(60円)。



IMG_6078.jpg



ものすごいコーヒーの味がしました。

マキアートでこれなら、ダブルとかどうなっちゃうの?ってくらいです。



そして隊員の方にお会いできました。


今日案内してくださるのは渡辺さん。

ざっくり言うと、エチオピアの小学校で理科の先生をしているそうです。

まずはその小学校に案内してもらいます。



IMG_6085.jpg



入ると、日本の小学校でいう昼休みのような賑わい方。

でも今は授業時間のはずだそう。

こういうことがけっこうあるみたいです。

ただ今は試験期間中で、これから雨季休みが始まるそう。

この雨季休みが3ヶ月と長い代わりに、他の休みは年末年始やイースターの時だけらしいです。



そしてここが理科室。



IMG_6080.jpg



この小学校は設備が整っていて、試験管やビーカーなどたくさんあるみたいだけど、場所によっては試験管一本なんてところもあるそうです。



エチオピアの初等教育は8年制。

この8年目に試験があってこれに合格しないと卒業できないらしいです。

だから8年生の中には留年しちゃって何歳なの?って子がけっこういるみたいです。

エチオピア意外と厳しい・・



カメラを持ってると、みんな撮って撮ってーと集まってきます。



IMG_6081.jpg



IMG_6083.jpg



IMG_6082.jpg



やっぱり子どもはどこの国でもかわいいです。

それと、エチオピア人って思ってたより黒人っぽくないです。

スーダンの方の血が混じってるのかな?



子どもたちはみんな「名前は?」と聞いてきます。

「リョウだよ!」と答えて、「名前は?」と聞き返すとお互いに嘘の名前を教え合って爆笑してました。

何がそんなに面白いんだろう??

やっぱり子どもは不思議です。


でも、日本の小学生よりも簡単な英会話ならできるように感じました。



それから学校内の食堂へ。

渡辺さん曰く、ここのインジェラはエチオピアで一番美味しいらしいです。

そんな食堂でコーヒーを頂きます。


コーヒーを炒るところを見せてくれました。

エチオピアでは、コーヒーを飲むときには草や緑の何かをばらまいて自然を演出するそうです。



IMG_6084.jpg



茶色くないコーヒー豆初めて見ました。



その後は昼食をはさんでお土産屋さんを周り、エチオピア土産をゲットして近くの教会へ。

あ、僕は一か国で一つだけお土産を買うようにしてます。



エチオピアはエチオピア正教というキリスト教の親戚のような宗教が広く信仰されています。

そして教会はここエチオピアでもやっぱりきれい!



IMG_6086.jpg



信仰の場というのはどこでもきちんとしているというのを強く感じます。



そこからはマルカートという何でも市場に行きます。

ここはエリアごとに金物、服飾品、土産物などが売られていて、とても広く現地をよく知る人と一緒じゃないとすぐ迷子になりそうです。


加えて、ここはスリなどが頻発する治安のあまりよくないエリアみたいなので、警戒して歩きました。

頭に限界を超えて荷物を乗せて歩く人、雨も降っていないのになぜかびちゃびちゃな道路など、アフリカっぽいなーと感じました。



IMG_6087.jpg



それから僕のリクエストでアボカドジュースを飲みに行きます。

向かったのはフルーツジュース屋ではなくて、果物屋の店内。

果物屋でも、熟れすぎたフルーツをジュースに出しているところがあってこっちのほうが美味しいらしいです。

こういうのも現地の人ならではです。

エチオピアはアボカドが安くてこのアボカドジュースが美味しいと評判!

僕はマンゴーとミックスしたものを頂きました。



そして観光も一段落し、少し休んでから夕食に連れて行ってもらいました。

なんと韓国料理!

他の隊員の方も交えてのお食事です。

オーダーする時とか、みなさん現地語を話していてかっこよかった!

僕も現地語もう少し覚えるように努力しようと思いました。


エチオピアはご飯があまり美味しくないので、韓国料理美味しすぎでした。

久しぶりの豚肉とか笑えるくらい美味しかったです。

しかもご馳走になってしまい、もう夜も遅いということで宿まで送って頂きました。



アフリカではこうやって協力隊の隊員の方とかにお会いできればなーと思ってます!

2016/06/20

見た目は雑巾、味はゲロ?

サラームノ!



お久しぶりです!

僕は現在、ケニアのナイロビにいます。

ナイロビ・・・怖いです。

ビビり過ぎるくらいがちょうど良いと思って行動してます。

とりあえず、今日から2泊3日でサファリツアーに行ってきます!



エチオピアはWi-Fiが弱すぎて更新できませんでした。

イランの時のように書き溜めてはいるので、これから少しづつ更新していこうと思います!

それではエチオピア編スタートです。





ついにサブサハラアフリカにやってきました。

サブサハラアフリカというのは、サハラ砂漠以南のアフリカのことでいわゆる「ブラックアフリカ」です。


カイロからのフライトでやってきたのは、エチオピア・アディスアベバ。



深夜着の便だったので、空港で朝を待ちます。



IMG_6069.jpg



空港にはWi-Fiがあり、しかもサックサク!

動画まで見れちゃいました。

エチオピアへの期待が高まります。



朝になり、移動を開始!


とりあえずATMでお金をおろして・・・・あれ?

お金が出てこない?

取引が終了したはずなのにお金が出てこない!!



アフリカ到着後さっそく事件です。

空港の職員に助けを求めても、ATMのトラブルだからノープロブレム!とか言ってきます。

ノープロブレムじゃねーわ!!

ノープロブレムの意味を教えてあげたいです。



僕のキャッシュカードは、海外で引き出しをするたびにメールが送られてくるようになっているので、メールをチェックしようとしました。

しかし、こんな時に限ってWi-Fiつながりません。

タイミング悪い・・

夜中は動画まで見れてたのに!



仕方ないので、とりあえず他のATMでお金をおろして宿に向かいました。

ATMでお金おろすときめっちゃ緊張しました。

宿はピアッサ地区というところにあるので、乗り合いバンで向かいます。

ピアッサ地区まで5ブル(約25円)



IMG_6070.jpg



宿にチェックインし、メールを確認。

するとやっぱり2回分引き出しの通知メールがきてました。。

そのまますぐに空港に引き返します。



そして空港内にある銀行の窓口で朝ATMからお金が出てこなかったことを伝えました。

すると、

「あー。それね。よくあることだから。」

いや、よくあることじゃないわ!

何か対策しろよ!!



どうやら、出てこなかったお金の分は口座に返金されるみたいです。

半信半疑でしたが、これ以上は何もできないのでおとなしく宿に帰ります。



結局、夜に確認したらきちんと返金されてました!

ですがもうこんなことはこりごりです・・・

ATM恐怖症になりました。

これからはお金をおろす度にドキドキすることになるでしょう。



空港から帰った後、翌々日のバスのチケットを買いに行きがてら街歩きです。

初めてのアフリカは、めっちゃきれいでした。



IMG_6074.jpg
(街の中心にあるマスカル広場)



高層の建物とかバンバン建設中です。

でも、テナントが空いてるところが多いみたいです。


そしてチャイナパワーが炸裂してます。



IMG_6071.jpg



前の記事で、エジプトのメトロはアフリカ唯一みたいなこと言いましたが、



IMG_6072.jpg



トラムも走ってました。

最近できたばっからしいです。

これも中国がつくったみたいですね。

エチオピアでの中国の影響ははかりしれません。



少なくとも、昼のアディスアベバは歩いていてもまったく不安を感じることはありません。

それどころか、面白い!

スーパーの陳列の仕方が特殊だったり、



IMG_6073.jpg
(スッカスカ!)



人力包丁研ぎお兄さんがいたり、



IMG_6075.jpg



そこラ中に靴みがきがいて、スニーカーの人とかもみがいてもらっています。



IMG_6104.jpg



エチオピア人は写真があんまり好きじゃないのか写真をあまり撮らせてくれません。

撮らせてくれる時も、マネーマネー言ってきます。

この写真も遠くから盗撮しました。



そして、一番面白いのが「エチオピアタイム」というのが使われていること。

インターナショナルタイムと6時間ずれてます。

バスの時間を確認するときはどっちなのか要チェックです。

それどころか、暦も独自のものを使っています。

今エチオピアは2008年あたりらしいです。

エチオピアは我が道をいっています。



エチオピア人はフレンドリーだけどそこまでしつこくなく、ちょうど良い距離感です。

エジプトとかみたいにバカみたいにクラクション鳴らさないし。

交通マナーは今までの国と比べるとかなり良いほうだと思います。


ネットでは「アジア人差別がひどい」とか、「隙があれば騙してお金を儲けようとする」など散々な言われようのエチオピア人ですが、今のところ僕はエチオピア好きになれそうです。



夜ごはんには、あいつを食べに行きます。

あいつとはエチオピアの国民食で、一部の旅人の間では「見た目は雑巾、味はゲロ」と形容される代物。

その名もインジェラ!

宿の近くのレストランで、隣のテーブルのお姉さんのアドバイスを借りて注文。



IMG_6076.jpg



右側の、本当に雑巾みたいに巻かれているのがインジェラ。

出てきたとき、まじで雑巾じゃん!って思いました。

左側の添え物がワットと言って、これがインジェラを食べるうえで非常に重要!

酸っぱさを打ち消してくれるかどうかはこいつにかかっています。



いざ、実食!

・・・・・

すっぱ!!!!


どんな味かって言われると、インジェラ味です。

今まで味わったことのない味覚です。

そしてインジェラはなぜかブツブツしてます。



IMG_6077.jpg



この見た目も嫌われる理由の一つです。

でも、ワットはチンジャオローースのような感じでめっちゃ美味しい!

ご飯と一緒に食べたら最高でしょう。

しかし、それをかき消すかのようなインジェラの酸っぱさ。

パンと一緒に食べたら、酸っぱくなくてなんか笑っちゃいました。



お姉さんおすすめのワットはインジェラにはあってなかったみたい。。

僕は食べ物は残さない主義なのです。

心を無にしてインジェラを口に運びます。

しかし、限界。


これ以上インジェラを口に入れたら、味はゲロじゃなくて本物のゲロになってしまいそうです。



でも「見た目は雑巾、味はゲロ」はさすがに言い過ぎだと思います。

隣のお姉さんに味見させてもらったワットのインジェラなら食べれそうな気がしました。



噂によると、店によってインジェラの味も全然違うそうで、当たりのインジェラもあるみたいです。

エチオピア滞在中に当たりを引きたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。