2016/05/22

海中で自由に動けるマリオってすごい

アッサラーム アレイコム!



3日前に、無事ダイビングのライセンスを取得しました!

ダイビングが終わってからは抜け殻のような日々を過ごしています。

ダイビング講習中は、時間に余裕がなくてダハブに来た目的の一つ「ダラダラする」ができなかったのです。


ライセンスの取得には7日もかかってしまいました。

そんな7日間を、一つの記事でまとめてしまいます!



シナイ山から帰ってきた次の日に申し込み、同じ日に宿に到着した人と一緒に講習を受けることになりました。


ダイビングのライセンス、僕は潜るだけだと思っていましたがこれが大きな間違い!


申し込みと同時に、分厚い教本が手渡されます。

この教本をもとに、最後に学科の試験があるみたいです。

DVDも合わせて3時間くらい見なきゃいけないし、なんだか車の免許みたいです。



DVDを最低限のモチベーションで見た僕たちは、ようやく海に入ることが許されます。


まずは器材の準備の仕方から教えてもらいます。

そして器材を背負って海へ!


ただこの器材がめちゃめちゃ重い!

ボンベだけでも重いのに、さらにうまく沈めるようにするために8キロのウエイトベルトとか付けちゃいますからね。


よたよた歩きながら海まで歩きます。

まぁ、海まで徒歩1分なんですけどね!

しかし、この徒歩1分の道のりが器材を背負っている時は永遠に感じます。



そして人生初ダイブ!!

海の中で呼吸ができるってなんだか不思議な気分でした。

初めのうちは慣れないので息苦しかったですが、慣れてくると普段と変わらないように呼吸ができます。

心配だった耳抜きも鼻つまんでフンフンやってたらできました。



最初2日くらいは、マスクの中に水が入った時の対処法などのスキルの練習なのであんまり面白くありません。


2日が経過したところでトラブル発生です。

僕の体調不良です。


何か食べると胃が痛くなるという症状に悩まされました。

2日間チョコとオレンジしか食べれませんでしたからね。

「胃痛 食後 感染症」

で検索したら、胃潰瘍がヒットしてめっちゃ焦りました。

本気で胃潰瘍だったらどうしよう・・・って悩んでました。

今ではまったく問題ないので大丈夫です!



1日の休養を挟み、いよいよダイビングの講習っぽくなってきます。

オープンウォーターの講習では18メートルまで潜れます。



IMG_5796.jpg
(ダイビングではバディが基本なので二人一組!)


IMG_5799.jpg



IMG_5818.jpg



IMG_5809.jpg



魚が目の前を泳いていたり、魚群がすぐ横を通ったり、なんだこのでっかい岩はと思っていたのがサンゴだったりと感動の連続です。

あ、このブログの写真は全部インストラクターの方にもらったものです。


水中での景色はどれも僕にとって目新しく、体験したことのない世界が広がっていました。

やっぱり世界は広い!



4日間の実技と、学科試験を終えてまずはオープンウォーター終了!

次の2日間からはアドバンス・オープンウォーターの講習に入ります。


アドバンスの講習はいくつかの項目から5つを選び、5回のダイビングでそれを実践します。

そして、教本もそこに応じた箇所だけを読めばいいので楽勝です。


アドバンスの講習はとっても楽しかったです。


まずは浮力のコントロールの練習。

こんな輪っかの中を通り抜けます。



IMG_5801.jpg



僕はこの講習を受けている時マリオのゲームを思い出しました。

気分はマリオです。

ただ、ゲームのように簡単には上下に動けません。

マリオも楽じゃない・・・



ナイトダイビングという、夜の海でダイビングをするというのもあります。

懐中電灯を持って海へ潜ります。

ライトがなければ何も見えません。

ちょっぴり怖いです。


しかも途中でエアの残りが少ない中、インストラクターの先生が明らかに道に迷ってるというそぶりを見せるという本物の恐怖体験をしました。

やっぱり夜の海は怖いです。

でもキラキラ光る謎の生物がいたりと、夜の海はいつにも増して神秘的でした。



アドバンス講習2日目が最終日!

この日は車に乗って30分くらいの、「キャニオン」と「ブルーホール」というダイビングスポットでダイビングをします。

特にこのブルーホールというのは有名みたいで、僕はこのブルーホールで潜りたくてダイビングの講習を受けてきたと言っても過言ではないくらいです。

この2つのスポットは水深が深いので、30メートルまで潜れるアドバンスのライセンスがないとダイビングができないのです。


宿に泊まっている韓国人や中国人など、合わせて10人くらいで向かいます。

道具も乗せるので、軽トラ3台の大所帯です。



まずは「キャニオン」でのダイビング。

潜って少し泳ぐと、突然谷のような岩の割れ目が現れます。



IMG_5804.jpg



IMG_5812.jpg



そして初めての水深30メートル。


なんでも、深く行けば行くほど赤っぽい色の光が吸収されて、周りが青く見えてくるらしいです。

このキャニオンでは、エジプト人インストラクターがウツボを発見してみんなに見せてくれました。



IMG_5803.jpg



このウツボも顔をひょこひょこ出したり、引っ込んだりしてて、これまたマリオみたい!

僕のダイビングの感想は、「なんかマリオの世界みたいだな~」というしょーもない感じになってしまいました。



「キャニオン」の次は、お目当ての「ブルーホール」です。

このブルーホールのダイブでは、潜るとそのまま水深30メートルまで潜行します。

海に入るとすぐに崖があり、そこを落ちていくイメージです。


ここでのダイビングでは、これまでと違い海底が見えません。

この辺りは水深800メートルくらいあるらしいです。


底が見えないのは、海の底に吸い込まれてしまいそうな恐怖感と、「この先はどうなっているんだろう?」というわくわく感を同時に感じさせてくれます。

うーん。僕のボキャブラリーではあの光景を見たときの気持ちを表現できそうにないです。

とにかく不思議な気持ちになります。(笑)



ブルーホールでは、今までで一番いろんな海の生き物がいました。


そして、途中周りに何も見えなくなるところがあるんです。

ここが本当にすごかった!

上下左右見渡しても何も見えない!

宇宙に行ったらこんな感じなのかな?


方向感覚を完全に失います。

自分は今どの方向に向かって泳いでいるんだろう?ってなります。

道に迷わないインストラクターを尊敬します。


最後には海底から泡が噴き出てくるところがあり、ブルーホールのダイビングは終了!



IMG_5813.jpg



IMG_5807.jpg



これにて7日間に及ぶダイビングの講習が終わりました。



IMG_5821.jpg



ダハブでやるべきことはやり、リゾート気分も味わってアフリカ旅へのチャージは完了!

明日の夜行でカイロへと向かいます!
2016/05/18

シナイ山でご来光

アッサラーム アレイコム!



僕がいるダハブは、紅海沿岸のリゾート地です。



IMG_5736.jpg
(宿から徒歩1分!)


しかしリゾート地でありながら、物価が安いので「バックパッカーの楽園」なんて言われ、長期滞在してしまう人が後を絶たないといいます。

宿代20ポンド(約240円)ですからね!


しかし、最近はエジプトの情勢不安から観光客が激減しているそうです。


昔はロシア人と日本人が主な観光客だったそう。

数年前にロシア人の乗った旅客機が撃ち落とされて以来、ロシア人はぱったり来なくなってしまったみたいです。

飛行機乗ってて撃ち落とされちゃったらもう移動手段ないですね・・・



なので今のダハブにはなんとなーく元気がありません。

ダハブは小さい街なので、20分くらい歩けば街の端から端まで行けてしまいます。

これが街のメインストリートですが、人通りは少なくお店もガラガラ。



IMG_5738.jpg



街の中心に架かる橋。



IMG_5737.jpg



今泊まっている宿も、日本人御用達の宿なのですが、日本人は5人くらいしかいません。

現在のダハブには韓国人が多いイメージですね。



そんなダハブで僕は2日間くらいダラダラーっと過ごし、

猫と戯れ、



IMG_5730.jpg



そろそろ何かしなくては!と思っている時に、宿のみんながシナイ山ご来光ツアーに行くというのでついていくことにしました。


集合時間は10時半。

そこから2時間かけてシナイ山の麓まで行き、山を登り始めます。


登山開始は夜中2時ごろ。


シナイ山というのは、モーセが十戒を授かったと言われる山です。

でもその十戒が何なのかは知りません。

たぶんユダヤ教やキリスト教にとってはこのシナイ山は聖地のような扱いなのでしょう。

僕たちはそんな有難みは感じずに、ひたすら空を見上げながら歩きます。



だってこのシナイ山、登山道に明かりがないんです。

みんなライトで足元を照らして歩く感じです。

つまり星がめちゃめちゃきれい!

流れ星もガンガン見れるし、生まれて初めての天の川も見ました。



しかし山頂までの道のりがなかなかきつい。。

ネパールでトレッキングという名の本気の登山をした僕は楽勝だろうとなめてました。


結局、山頂に着くのは日の出ぎりぎりの時間で、みんなで焦って登りました。

所要2、3時間です。

少なくとも高尾山よりはきつかったです。


そして日の出を待ちます。



IMG_5745.jpg



宿でつくってもらったおにぎりをほおばりながら待ちます。



IMG_5740.jpg



やっぱりお弁当と言えばおにぎりですよね!


そして・・・

あ!日が昇りそう!



IMG_5742.jpg



昇ったーー!



IMG_5743.jpg



そういえば、僕山の上で日の出見るの初めてでした。


下山する時には、登るときには暗くて見えなかった景色が見えます。



IMG_5744.jpg
(これがシナイ山。)


IMG_5746.jpg
(ぺトラでもこんなところ見たような・・・)



こうしてシナイ山でのご来光ツアーは終了!

本当は日の出を見た後、聖カトリーナ教会を見学するツアーだったみたいですが、みんな疲れ切ってそのままダハブに帰ることを選択しました。


その他は、タコを採りにいったり(採れなかったけど)、僕はイスラエルに備えて買ってきたパスタで自炊したりのんびり過ごしてました。



4日前までは!!


というのも、ここダハブは世界でも有数のダイビングスポットであり、ダイビングのライセンスを格安で取れることで有名なのです。

ライセンスにはオープンウォーター、アドバイスウォーターとあり、オープンとアドバンス合わせて330米ドルです。(2人以上の場合)

そしてここには日本人インストラクターもいつので言葉の心配も必要なし!



僕がダハブに来たのも一つはダラダラしてアフリカに行くエネルギーをチャージするため、もう一つがダイビングのライセンスを取得するためです。


ということで4日前から始めたんですが・・・なかなかハードなのです。


ライセンス取得のお話はまた次回!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。