--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/14

ちょっとだけ重い気持ちになるブログ

オラー!
   
    
   
台風の接近に危機を感じた僕は、カミオンでの移動を諦めツーリストバスで一気にトリニダーという街に向かいます。
   
キューバでの初めてのツーリストバス!
   
   

    
   
トリニダーまでは夜行で約12時間くらいです。
    
ハバナより近いのにハバナ~サンティアゴ並みに時間がかかる不思議です。
      
お値段は33クック(3300円)。
    
高い。。
    
   
てすが快適さはカミオンと天と地の差です。
    
   
冷房が効き過ぎとの噂だったので、防寒対策をバッチリして爆睡かましたらあっという間にトリニダー到着!
   
    
   
トリニダーは街自体が世界遺産です。
   
ハバナからも近いこともあってツーリストも多いのでその分客引きも激しい!
   
ターミナルにいる大量の客引きをかわして事前に調べていたカサにチェックイン!
    
   
そしてそのままカサに泊まっていた韓国人達がビーチに行くというので一緒に行くことにしました。
    
キューバで初めてのビーチ!
    
   
そういえばせっかくカリブ海の島キューバに来たのに全然海楽しんでませんでした。
   
    
   
タクシーで20分くらい。
    
海めっちゃ綺麗でした。
    
   

   
   
ちょっと沖の方に行くと魚もいます。
    
人も僕たち以外に2組くらいいるだけでほぼ貸切状態!
    
   
4時間くらい海を満喫します。
    
海でやることは日本人と同じみたいです。
    
    

        
   
友達の韓国人達は韓国人にしては珍しく色が白いのを気にしてるみたいで、サンオイル塗りたくってました。
   
    
   
次の日はとりあえず街歩き!
   
キューバでは馬がまだ移動や運搬の手段として現役バリバリです。
   
   

   
    
ここトリニダーでは特に多かったかも!
   
つまり臭いです。
   
  
   
そして、トリニダーは初めにも言ったように街自体が世界遺産です。
   
街並みがカラフルだったり、石畳みだったりヨーロッパっぽいです。
   
   

      
    

   
   

    
   
集合住宅みたいなのまでカラフルでした。
     
    

   
   
この塔はキューバの硬貨にもなってる塔みたいです。
   
    

   
   
一通り散策した後は、街から少し離れたところにあるロス・インヘニオス渓谷という世界遺産に行ってみることにしました。
    
   
ロス・インヘニオス渓谷は植民地時代に砂糖のプランテーションが行われていた場所らしいです。
    
ロス・インヘニオス渓谷までは、トリニダー駅から往復10クックで観光列車が出ています。
       
この列車も、かつてプランテーションで作られた大量の砂糖を運ぶためにつくられたとか。
   
   
   
それは乗ってみたいと思って駅へ行ってみると、先週くらいから線路にプロブレムがあって運休中だとか・・・
    
線路や列車らしきものだけ撮って退散します。
   
    

    
     

    
   
「あ~なんかキューバついてないな・・」
    
と思いながらも、ロス・インヘニオス渓谷へは行きたいので、ミニバスで行くことにしました。
    
    
   
街の中心のバスターミナルからこんなのに揺られること20分・・・
     
     

(20分だったから良かったけど、なかなかの混み具合できつかった。。)
     
    
こんな何もなさそうなところに着きます。
    
   

    
   
街らしき方に歩いていくと、こんなレストランがあります。
      
   

    
   
今はレストランですが、この建物はかつてのこの辺りの領主の邸宅だったもの。
    
傍にはこんな鐘があります。
      
    

    
   
この鐘はプランテーションで働かされていた奴隷達の労働の始まりと終わりを知らせる鐘。
    
    
さらにその奥には、奴隷達を見張るために建てられたという塔があります。
   
   

   
    
上まで登ることができるというので登ってみます。
   
入場料は1クック。
   
急な階段を登ると、辺り一面を見渡すことができます。
   
   

   
   
塔の周りではたくさんのお土産が売られていました。
    
   
この帽子もかつての奴隷達が被っていたのかななんて思いながら、トリニダーの街へ戻ります。
   
   
   
そして夜は珍しくレストランへ!
   
トリニダーではロブスターがたくさん採れるので格安で食べられるみたいで、さらに噂のレストランでは日本人なら割引きがあって6クックで食べられるとか!
   
   
これは行くしかないです。
   
写真はこれしかないけど、他にも料理があってしっかりしたコースのような感じです。
   
   

   
   
うんんんんんま!!
    
やっぱり美味しいものを食べれるのって幸せです。
   
   
   
後日談なのですが、台風は10年ぶりくらいの規模だったらしいです。
    
やはりキューバ東部を直撃し、バラコアはすごい被害だったとか・・・
   
交通機関とかもけっこう止まってたみたいです。
   
  
危なかった~~
   
   
予定を早めてトリニダーまで来ることを決めたあの時の僕のナイス判断です。
   
   
   
被害を受けた地域の1日も早い復興を願っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。