--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/13

神様野球を見せてください

オラー!  
    
   
バラコアから野球を見るためにサンティアゴに戻ります!
   
またまたカミオンで移動しようと思います。
   
   
   
前日にグアンタナモ行きのカミオンの発車場所を調査し、そこで朝6時から待機していました。
   
待機すること2時間・・・
  
   
カミオン来ない!!
   
   
周りのキューバ人に聞いても、ここからグアンタナモ行きのカミオンが出るっていうやつもいれば、違うターミナルだって言うやつもいます。
        
カミオンの最初の難関は発車場所と時間を聞き出すことです。
   
カミオンは謎のベールに包まれているのです。
   
キューバ人でも知らない人がけっこういます。
    
でもキューバ人はあんまり「知らない。」と言わないので適当なこと言ってきます。
   
    
    
さすがに痺れを切らし、別のターミナルから出てることを信じて移動します。
    
そこのターミナルにいたキューバ人に聞くと、ここからグアンタナモ行きのカミオンが出てると即答で言われたのでそれを信じて待つことにしました。
    
    
そのターミナルは外国人用バスのターミナルだったので、最悪カミオンが来なかったらバスに乗っちゃおうと思ってました。
     
   
待つことに1時間くらい・・・
   
   
キューバ人達がダッシュで外に向かって行くのが見えました。
   
なんだろうと思って外に出てみると、
    
   

   
   
こんなちゃんとしたバスにキューバ人が我先にと乗り込んでいます。
    
「ん?これって外国人用の高いバスじゃないの?」
   
と思って聞いてみると、このバスは30モネダ(120円)でグアンタナモまで行くみたいです。
   
   
  
え!!
   
乗りたい!ちゃんと席あるし!
   
てか行きのカミオンより安いじゃん!
   
    
と思った時にはもうすでに遅し。
    
競争に敗れて満席になってしまいました。
    
   
   
しょぼんとしていると、その後ろからグアンタナモ行きのカミオン登場!
    
まぁカミオンでもいいか、と思って妥協してカミオンに乗りました。
    
   
ところがこのカミオンが地獄でした。
   
乗車率500%くらいです。
    
必死で撮った写真がこれ!
    
    

   
    
途中まで座っていたのですが、平均台から弾き出されてキューバ人に挟まれてました。
   
例えるなら真夏の日本の満員電車に放り込まれる感じです。
   
しかもクーラー無し、周りは汗だくのキューバ人。
   
だんだん人が減っていくのでまだマシになります。
   
    
   
止まってる時にきた物売りから買ったこのチョコが超美味しかったのだけが救いでした。
   
    

    
   
バラコアはチョコレートが名産らしいです。
   
   
   
そんなカミオンに耐えながらグアンタナモを経由し、サンティアゴデクーバ到着!
    
2度目のサンティアゴデクーバです。
   
    
   
登下校中の小学生がいっぱいいました。
   
   

   
   
   

   
   
キューバでは良く見かけます。
   
キューバでは教育が無料らしいです。
   
そしてみんなちゃんと制服を着てます。
   
意外と外国で制服って珍しいと思います。
   
   
   
キューバでの宿泊事情について触れるのを忘れてましたが、キューバでは「カサ」と呼ばれる営業許可を得た家庭の一室を借りて泊まる民泊のようなものが一般的です。
    
右上の錨マークがカサの印。
   
    

   
   
キューバにはまだゲストハウスのようなものがなく、きちんとしたホテルに泊まるかカサに泊まるかのどちらかみたいです。
    
部屋はだいたい綺麗でエアコンもついてるし快適です。
    
    

    
   
今はオフシーズンなので交渉して一泊10クックくらい。
    
   
サンティアゴデクーバで泊まった宿の屋上からの夕日が綺麗でした。
   
    

    
   
そして屋上に出ると嬉しそうに顔を出す隣の家の犬がめちゃくちゃかわいかった!
   
    

   
   
カサをやってる家にはパソコンがあったり、お金持ち感が滲み出てます。
    
だって月収20~30ドルの国で一泊泊めたら10ドルですからね。
   
   
ただ、営業許可を得るために毎月一定額を政府に納めないといけないみたいです。
     
キューバではこうして自営が広く認められるようになってきているので、これから貧富の差も広がっていくのかもしれません。
   
    
   
さて、サンティアゴデクーバですが街の雰囲気は個人的にキューバで一番好きかもしれません。
   
    

   
    
    

   
   
「三丁目の夕日」感があります。
    
あとはやたら店の前に人が集まってます。
   
   

   
    
配給でもしてんのかな?
   
    
   
そして、サンティアゴデクーバは音楽の街!
    
街中の公園でも楽器を演奏してる人達がいたりします。
   
    

   
   
ということで、音楽を聴きにいきました。
    
   
まずはローカル感たっぷりの公民館みたいなところ。
   
   

   
    
同好会みたいな雰囲気でした。
   
観客は僕と地元の人数人くらいです。
   
    

   
   
左端に写ってる怪しげなおばちゃんに誘われてサルサ踊りました。
  
    
   
それからちゃんとしたバーのようなところへ!
   
    

   
   
こっちはプロがやってるっぽかったです。
   
演奏よりも、途中で出てきたダンサーのサルサが凄かった!
   
   
   
音楽以外は特に見るものはありません。
   
街の中心にある教会と、
   
    

   
   
キューバ革命の発端とされている場所、モンカダ兵営博物館くらいです。
   
     

(黒い点々は銃弾の跡!)
   
   
しかし、サンティアゴデクーバは食べ歩きが楽しかったです!
    
おっちゃんがゴリゴリ削ってくれるカキ氷みたいなのが2モネダ(8円)。
    
   

   
   
メロンかと思ったらミント味でがっかりしたやつ。
   
    

   
   
アイスとケーキが入ってるこんなのが3モネダ(12円)。
   
    

   
   
普通のアイスが1スコップ2モネダ(8円)。
   
   

   
   
キューバ人は大きめの容器を持ってきて、しこたま持って帰ってました。
   
他にも、チュロスがあったり甘いもの好きの僕は常になんか食べてました。
   
キューバ最高です。
   
        
  
そして、いよいよサンティアゴデクーバまで戻ってきた目的、野球の試合の日です。
    
一応昼間に、本当に今日野球があるのか確認しに行きます。
    
すると、
   
「ハリケーンが来てるから試合は全部中止になったよ。」
   
って言われました。
    
   
   
え。。
     
そ、そんな・・・
    
野球のためだけにせっかく戻ってきたのに・・・
    
一応野球場はこんな感じ。
   
    

   
   
てか台風そんなやばいの?
   
と思って店にあるテレビを見ると、
   
    

   
   
来てるううううううううう。
    
なんかでかくてやばそうなのが来てるううう。
    
    
しかもキューバ東部のサンティアゴデクーバやバラコア直撃みたいです。
   
   
カサのおばちゃんに聞くと、明日か明後日にはここに来るみたいです。
    
そしてキューバでは台風が来ると交通機関がマヒしたりして動けなくなったりすることもあるみたいです。
   
サンティアゴになんか閉じ込められたくない。
   
   
うん。逃げよう。
   
    
本当はサンティアゴからカミオンで刻みながらいくつかの街を経由してハバナ方面に戻ろうと思っていましたが、台風がやばそうなので一泊短くしてツーリストバスで一気に移動することにしました。
   
   
    
逃げろ逃げろ~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。