--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/09/19

カナダで(完全な)裸の付き合いをする

ハロー!  
   
   
この冒頭のあいさつ、その国のこんにちはを使ってるんですけど、なんかハローって言うの新鮮ですね。
  
   
  
そうです!
  
やってきました英語圏!
   
人生初のアメリカ大陸上陸です!
   
   
    
アイスランドからのフライトで到着したのはカナダ・モントリオール!
    
   
ですが実はモントリオールは公用語がフランス語みたいです。。
   
マックとか入るとハローじゃなくてボンジュールって言われます。 
   
    
   
さてさて、カナダに着いて最初に思ったことは、
   
「こ、これが先進国か・・」ってことです。
   
   
今までの南アフリカ、いやスペイン・ポルトガルすら霞んで見えます。
   
    
    
もう空港でやられました。
   
だって空港が輝いてました。 
   
     
              
    
    
    
トイレにだって荷物を引っ掛けるところがあるっていうさりげない優しさが見えます。
        
    
    
 
    
      
    
こういうところが先進国だなーって思います。
    
  
   
街並みだってこの通り、 
    
   
   

    
    
     

      
  
     
もう今までとレベルが違います。 
   
軽くカルチャーショックです。
     
ずっとビルを見上げながら歩いてました。
   
    
   
ていうか僕の格好完全にこの街から浮いてます。
   
早くもこの国から逃げ出したくなりました。 
   
    
   
そんなモントリオールで僕が泊まるのはここ!
   
   
    

   
    
    
 普通の家です。
    
つまりカウチサーフィン再びです。
   
家の中はこんな感じ。
    
   
     
   
   
   
イラン以来二度目のカウチサーフィン。
  
前回はホントに良い体験をさせてもらいましたが、今回のカウチには少し不安があります。
    
それは・・・
   
   
   
家主のおっちゃんが裸族ってこと。
    
   
そして、この家にいる間は裸にならなければいけないってこと。 
   
若干笑えないやつです。
    
    
    
なんでこの家を選んだのかというと、カウチサーフィンには宿泊先の見つけ方が2つあるんですよ。
   
   
    
一つが、「家に泊めてください!」ってメッセージを直接送る方法。
   
もう一つが、「この期間でその街に行きます!」ってお知らせをして、ホスト側からの「うちにおいで!」っていうメッセージを待つ方法。
    
    
   
僕はイランでもモントリオールでも後者の方法を使いました。
    
モントリオールは宿が高いんで、ホスト見つかったらラッキーだな~くらいに思ってたら、裸族のおっちゃんからメッセージが!
    
多少不安を感じながらも、タダで泊まれるならってすぐに泊まる約束しちゃったんですね。
   
結果的にはその後も2件くらい「泊まっていいよ」っていうメッセージもらったんですけど・・・
   
    
    
まぁまぁ、もう泊まるって言っちゃったんで覚悟をして行きましたよ。 
   
到着してインターホンを鳴らすと、おっちゃんが顔だけ出して家に招き入れてくれました。 
   
   
    
「あー。おっちゃんまじで全裸や。」
    
    
   
他にも泊まってるブラジル人とかもいたんですけど、もれなく全員全裸。
    
   
   
家の中の説明とか受けた後におっちゃんが一言。
   
   
「じゃあ脱ごうか。」
   
   
まぁね、僕も覚悟していったんでバチッと脱いでやりましたよ。 
   
「温泉みたいなもんだ。温泉みたいなもんだ。」って自分に言い聞かせながら・・
   
   
   
結果的にはおっちゃん僕の延泊のお願いにも応じてくれたし、すごく良い人でした。
   
それにこんな経験なかなかできないだろうし。
    
   
   
 
   
そんなモントリオールでは、おっちゃんのアドバイスをもとに観光しました。
   
まずはオリンピックスタジアム! 
   
   
   
 
   
   
  
モントリオールオリンピックっていつだったんだろう?って疑問とともに公園内をぶらぶらします。
   
当時の出場国の旗があったり、
   
    
    

   
    
   
メダルを獲得した人の名前が刻んでありました。
   
   
    
   
    
   
日本人の名前もしっかりありましたよ。 
   
このスタジアムを見て、「東京オリンピック、新しいスタジアムとかいらないな・・」って思いました。
   
一応観光名所みたいになってるけど人は全然いないし、スタジアムも使われてる感じしないし。
   
なぜか絶賛工事中だったけど。
   
   
   
それからは街の観光スポットっぽいところを巡りました。
   
   
お決まりの教会や、 
   
    
   
 
   
    
    
良さげな建物がたくさんあります。 
  
  
   
   
  
   
 
   
   
   
ビル群もあるのに、その中にこうやって古い建物が残ってるのがすごいなーと思いました。
   
   
   
夜景も見に行きました。 
   
一応公園とはなってるけど、真っ暗な山道を歩くこと30分くらい。 
   
   
   
 
   
    
   
久しぶりに、「これぞ夜景!」ってやつを見ました。
   
やっぱり夜景はきれいです。
    
    
    
そしてそして、カウチサーフィンを通じてメッセージをくれた人と晩ご飯を食べることになりました。
   
カウチサーフィンでは、「うちにおいで」だけではなく、「泊めることはできないけど、案内してあげるよ」っていうメッセージもちょくちょく来ます。
   
    
    
今回会ってくれるのはスイス人のルーシー。
   
カナダに留学中らしいです。
   
モントリオール名物を食べさせてあげる、って言われて出てきたのがこれ。 
   
    
    
 
   
    
   
大量のポテトにスペシャルなソースがかかってます。
   
名前は忘れました。
   
えげつない油の量です。
    
    
  
僕は日本を出てからポテトが大好きになったのでかるーく完食しましたが、当のルーシーは残してました。
   
ルーシーは日本に2回も来たことがあるそうです。
   
お好み焼き大好きって言ってました。
    
   
   
次に会えるのは日本かな? 
   
ありがとう!ルーシー!
    
   
   
 
   
   
   
もう終わりっぽい雰囲気ですがまだ終わりません。
   
   
   
僕がアイスランドで空港までヒッチハイクをしたことは記憶に新しいと思います。
   
そして僕の次の目的地はトロント。 
   
モントリオールからは500キロくらいの道のりです。
   
ここはカナダなのでもちろんバス代は高い・・・
   
そんな時一筋の光が!
   
   
   
「あ。ヒッチハイクすればいいじゃん。」
   
   
   
閃いてしまいました。
   
この柔軟な発想力が僕の売りです。
   
500キロくらいなら2日あればいける気がします。
   
    
   
二泊させてもらった後、おっちゃんにお礼を言ってヒッチハイクに繰り出しました。
   
おっちゃんによるとカナダではハイウェイでのヒッチハイクは違法らしいのでハイウェイの入り口で待つことにしました。 
   
   
   
 
   
    
   
待つこと4時間くらい・・・
    
   
  
止まんねぇぇぇぇぇ!!!
   
    
   
アイスランドではサクッとできたので余裕だろとか思ってましたが全然止まってくれません。 
   
止まる気配すら見せてくれません。
   
原因はわかってます。 
   
たぶん場所が悪いです。 
   
止まるの難しそうな感じですもん。 
   
   
でもこのヒッチハイクポイントも2時間くらい歩いてようやく着いたところです。 
    
次の良さそうなハイウェイの入り口は地図を見ると8キロ先・・・
   
    
   
無理や…諦めよう……
   
   
   
なぜか心がボキッと折れてしまった僕は、恥を忍んでおっちゃんの家に戻りもう一泊させてもらって次の日の夜行バスでトロントへ向かうのでした。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。