--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/21

初めてのジプニー

マガンダン アラウ!


今日はフィリピン人の友達に会いに行きます。

この友達は、僕が日本でオンライン英会話をしていた時の先生です。


待ち合わせ場所は僕が行ったことのあるアヤラモールのスタバ前にしました。
そこなら確実に会えるかなと思いました。

外国での待ち合わせは連絡が取れないので難しいですよね。
携帯の便利さを感じます。


一人でタクシーに乗るのは割高なので、シティまでジプニーで行くことにしました。
今まではみんなと楽してタクシーに乗っていたのでついにジプニデビューです。


IMG_4739.jpg


ジプニーはフィリピンで最も一般的な交通手段で、一回乗って10ペソくらいです。
ジプニーを乗りこなしてこそ、一人前のフィリピン人と言えます。

シティまでタクシーだと300ペソかかるところも、ジプニーだと20ペソくらいで行けるみたいです。

これは使わない手はない!


ジプニーのフロントガラスには行き先が書いてある看板がぶら下がっていて、これによって行き先が変わります。
目を凝らしてどこ行きのジプニーなのか判断しないといけません。

なので、ジプニーを乗りこなす第一条件は視力です。
僕は視力には自信があるのでそのへんは問題ありません。


僕のリサーチによれば、マクタン島からシティまで行くにはとりあえずパークモール行きのジプニーに乗ればいいみたいです。

通りに出て、パークモール行きのジプニーを待ちます。

自分の乗りたいジプニーが来たら、指でちょいちょいっと手招きします。すると止まってくれます。


乗る時のポイントは、なるべく運転手側に座らないことです。
そうでないと、あとで面倒くさいです。

僕は初めてだったので、「前のほう空いてるじゃん!」くらいの気持ちで運転手側に座ってしまいました。

そしてこのジプニーめちゃめちゃ狭いです。6人掛けくらいの椅子に8人くらいまで座ります。
ただでさえ暑いのに、おっさんと密着することになります。


IMG_4737.jpg


運賃は降りる少し前に、バケツリレー方式で運転手まで届けるシステムです。
座っていると突然隣の人から小銭を渡されます。

そしてお釣りもバケツリレー方式で届けます。


そう。つまり運転手側に座ると乗客全員分の運賃とお釣りを運転手に届ける役目を授かることになります。

運転手側に座ってしまった僕は務めを果たさなければなりません。

最初はおどおどしていた僕も、慣れてくると自然な流れで小銭を運転手にパスできます。
時給が発生してもおかしくないくらいの働きをみせました。


フィリピン人たちに溶け込みすぎて、現地語で両替して欲しいみたいなことを言われました。
僕が「?」な顔をしていると、おじさんは「あっ、こいつ違った」っていう顔をして隣の人に話しかけてました。


降りるときはコインでカンカンと手すりをたたくか、運転手に降りたいと声を張って伝えます。


こうして、パークモールに到着した僕はアヤラモールまでのジプニーを探します。
どうやらアヤラモールに行くにはあと2回ジプニーに乗らなきゃいけないみたいです。


待ち合わせ時間まであと15分しかなかったのでジプニーは諦めてバイタクに乗ることにしました。
乗る前にびちょびちょのヘルメット渡されました。嫌々ながらもかぶります。

バイタクのおっちゃんめちゃめちゃ飛ばします。原付みたいなバイクのくせに80キロくらい出します。
とりあえず掴まれるところを120%くらいの握力で握りしめます。

そしてこのおっちゃん、アヤラモールの場所を知らなかったみたいです。
通行人に聞きながら運転してました。

最後に「アヤラモールに来るの初めてなの?」って聞いたら、
「初めてさ!ハッハー!」って笑ってました。
面白かったので許します。


そんなこんなで無事アヤラモールに到着して、友達に会えました。


それから、サントニーニョ教会に行って


IMG_4740.jpg


僕が行きたいと言ったカルボンマーケットに行って


IMG_4743.jpg
(お兄さんが良い笑顔でソーセージ作ってた!)


おすすめの揚げバナナを食べて、

IMG_4738.jpg


SMモールシーサイドに行きました。


IMG_4744.jpg
(モール内にスケートリンクがある。)


全部案内してくれたので、僕はひょいひょいついていくだけでした。
カルボンマーケットはローカル色が強すぎて、地元の人と一緒じゃないと行かなかったかもしれないので、とてもありがたかったです!


Thanks a lot, Nicole!!


IMG_4745.jpg



今日の移動ではフィリピン人と一緒だったこともありほとんどジプニーを使いました。

そんなに危なそうな雰囲気は感じなかったけど、シティ内や夜は強盗とかがあるらしいです。
フィリピン人の先生の中にも、年に何人か被害にあってる人がいるみたいです。

それと乗客の乗り降りのために頻繁に止まるため、タクシーと比べると移動に時間がかかります。


でも、気を付けて乗れば安くて便利なのは間違いないです。

フィリピンに来たらぜひジプニーに!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。