--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/06/27

3泊4日、総移動時間40時間の大移動!

サラームノ!



ボンガ観光を終えた僕は次の国、ケニアのナイロビを目指します。

本当は民族巡りとかもしたかったのですが、時間とお金と関係で断念しました。

ボンガからナイロビまでは最短で3泊4日の道のりです。

つらい・・・

ですが、行くしかありません。



初日はボンガからアディスアベバまで!

バスはもちろん5時集合です。


でも出発するのは結局6時ごろ・・

6時まではバスの中で待ちます。

5時に集合する意味あるの?

6時集合ならあと1時間は寝れたわ!

エチオピア人に効率という言葉を教えてあげたいです。



そして今回の移動からローカルバスにチャレンジ!



IMG_6203.jpg



バスは5列シートと激せまなので、端っこになってしまうとお尻が半分はみ出ます。

これがアフリカです。



アディスアベバまでは10時間ほど、特に問題なく着きました。

翌日も早朝バスなので、ターミナルの近くの安いけど監獄みたいな部屋に泊まりました。

アディスアベバからは2日かけて国境のモヤレという街まで行きます。



前日にモヤレ行きのチケットを買っておき、翌朝チケットを持ってモヤレ行きのバスを探します。

アディスアベバのバスターミナルは首都だけあってめっちゃ広いです。



IMG_6204.jpg



バスを探すこと1時間・・・

モヤレ行きのバスがない!!

チケット売ってるのに、バスがないってどういうこと?



同じようにモヤレ行きのチケットを持ったエチオピア人達と彷徨います。

8時ごろ、エチオピア人達に助けられようやくバスに乗れました。

5時にバスターミナル来てたのに!!!


しかし、乗ったバスはディラという途中の街までしか行かないということでバス代の返金がありました。

ディラまでは2回くらいタイヤがパンクしたり、最後のほうの道がガッタガタだったり、この日もまた10時間くらいバスに揺られてました。



IMG_6205.jpg



しんどい時に見る夕日はきれいです。



ディラでは、アディスアベバから一緒に来たエチオピア人2人と同じ宿に泊まって、一緒にご飯を食べました。

2人とも全く英語話せなかったけど。。



ディラの宿には無数に蚊がいたので、押すだけベープを初めて使ったのですが

押すだけベープ本当にすごいです。

まじで蚊がいなくなりました。



3日目。

この頃になると、早朝バスにも慣れてきました。

そしてインジェラにも慣れてきました。


しかしディラからモヤレまでの道がしんどかった・・・

最初の4時間くらい、未舗装のガタガタ道が続きます。

4時間で50キロくらいしか進まず、絶望してました。



IMG_6207.jpg



たまに体が30センチくらい浮きますからね。

半端じゃないです。

そんな道をこんなバスで走ります。



IMG_6206.jpg



まじで泣きそうでした。

飛行機乗ればよかった・・って50回くらい思いました。



ガタガタ道を抜けるとバスはスイスイ進みます。

途中景色がよかったので写真を撮ろうと思ってカメラを出すと、



IMG_6208.jpg
(後ろでは立ちション。エチオピアのバスのトイレ休憩は立ちションが基本です。)



IMG_6209.jpg
(なにそのポーズ?)



外国名物、「俺を撮れ」攻撃です。

そんなこんなで国境の町、モヤレ到着!

ここまで一緒に来てくれたエチオピア人ともここでお別れです。



IMG_6210.jpg



イミグレを通過して、ケニア入国!

これがケニア側のモヤレ。



IMG_6211.jpg



ここモヤレでもチャイナパワーが発揮されていて、街のど真ん中が工事中でした。


昔は治安が悪く、「通ってはいけない国境」として有名でしたが、今はそうでもないみたいです。

ですが、なんだかよろしくない輩がいっぱいいたので宿に避難してました。



4日目。

モヤレ~ナイロビのバスは午後2時発なので、久しぶりに朝ゆっくりできます。

バスはほぼ定刻通りに出発。

モヤレ~ナイロビの道は、最悪でかなりきついという情報をよく見ますが、



IMG_6212.jpg



新しく道路をつくっているのか、いたって普通でした。

景色も良かったです。

アフリカいるなー!って思いました。



IMG_6213.jpg



IMG_6214.jpg



普通じゃないのはドライバー。

めっちゃ飛ばします。

まじで飛ばします。

ところどころ舗装されていない道があったのですが、そこにも同じスピードで突っ込みます。

今までで一番の恐怖を感じました。。


さらに、途中検問が何回かあったのですが、警官がパスポートチェックをしている間エンジンふかして煽ってました。

なんだコイツ・・・?

クレイジードライバーに当たってしまったようです。



そんなスピードで走ったので、朝6時に着くと言われていたバスが深夜2時にナイロビに着いてしまいました。

この時は本当におわった・・と思いました。


だってここは凶悪都市ナイロビ。

地球の歩き方が歩くなという街です。

後から聞いた話ですが、このバスが着いた場所はナイロビの中でもソマリア人が住んでるとかで危ないんだとか・・



バスを降りるとタクシーの客引きが群がってきます。

どいつもこいつも強盗に見える・・・


やばいやばいやばいやばいやばい・・・


そんな時、僕に救いの手が!

クレイジードライバーが、朝までバスの中にいていいよと言ってくれました。

そして、隣に座っていたおじちゃんが宿の近くまで一緒に来てくれることに!

神様~~~


バスの中で朝を待ち、おじちゃんと一緒にダウンタウンまで行って無事宿にチェックインしましたとさ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。