--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/05/17

ヨルダンからエジプトへ!海路での国境越え!

アッサラーム アレイコム!



「近況報告~祝日のばかやろう~」でお知らせしたように、イスラエル行きを諦めた僕はヨルダンからエジプトに向かうことにしました。

まずはアンマンからアカバという街に行きます。

バスで4時間くらい。



IMG_5733.jpg
(バスはヨルダンでおなじみ!ジェットバス!)



途中でパスポートチェックが本当に多かったです。



ここアカバからは、陸路ではイスラエル、海路ではエジプトに行くことができます。

エジプトを目指す僕は海路!


ということで、フェリーのチケットが買えるところを探します。

しかし、誰に聞いてもわからないと言うし、インフォメーションで聞いても、往復のチケットしかないと言われます。


そんなわけない!


結局2時間いろんなところをたらい回しにされ、ようやくチケットを買えました。

お値段54JD(約8640円)。

時間は深夜の12時発です。



チケットを買うときに、一応日本人はエジプトでアライバルビザが取れるのか聞いてみます。

ネットでエジプトのアライバルビザがなくなったっていう記事をチラッと見たので。


すると、

「日本人はフリーだよ!」

と言われました。


いやいや、そんなわけないから!

ちゃんと確認して!



エジプト領事館に確認をとってもらうと、日本人はアライバルビザとれないと言われました。

うそ・・やばい・・・

オフィスのお兄ちゃんは、今日はもう領事館は閉まってるから、明日の朝領事館に行ってビザを取りに行くように言ってきます。

こんな何もない街で一泊したくないな・・

しかも宿も高いし・・



「ちゃんと確認したいから、領事館の人と話させて!」

とお兄ちゃんに頼みます。


すると、領事館の人は英語を話せず、たどたどしい英語で明日の朝領事館に来るように言ってるだけでした。


むむ。。これは怪しいぞ。

トルコ航空のオフィスに行けば何かわかるかもと思いましたがダメ、旅行代理店でもダメでした。

どうしようか考えている時に、マックの看板が!


そう。ここアカバにはあのマクドナルドがあるのです。

なんといってもアカバはヨルダン屈指のリゾート地!

少し歩くとこんなビーチが広がっています。



IMG_5734.jpg



そりゃマックもあります。



日本を出て以来のマック!

マクドナルド万歳!!

マックの創始者に感謝します。

そしてマックにはWi-Fiがあるはず!!

マックに飛び込み、ビッグマックセットを注文します。

値段は忘れましたが日本とあまり変わりませんでした。


そしてWi-Fiゲット!!


しかし調べてみても、最新の確かな情報が得られませんでした。

またまたどうしようかなーと考えます。


その時、そういえばヨルダンで会った韓国人2人もタイミング的にアカバにいるかもしれないと思い、メッセージを送ってみます。

もしかしたらビザ情報もってるかも。

すると、アカバにいるとメッセージが返ってきました。

予想通り!!


マックまで来てもらい、2日ぶりの再会です。

再会早かった!


2人に聞くと、いらないよーと言ってました。

一人だと不安でしたが、3人になると不思議なものでまったく不安がなくなりました。

ちなみに2人は適当系旅人なので情報の信頼性はありません。(笑)


そのまま2人と一緒にフェリーの時間まで、時間をつぶします。



そして再び晩ご飯のためにマックに寄り、フェリー乗り場へ。

ファストフード最高です。

マックの創始者に感謝しました。



そして初めての海路での国境越え!



IMG_5735.jpg



ヨルダンは入国審査同様、出国審査も超適当でした。


船に乗ると、そこはエジプト人だらけ。


並べない、やかましい、汚いなどなど、その雰囲気はインドを彷彿とさせます。

何を隠そう、エジプトもインドと並び「世界三大うざい国」の一角として君臨しているのです。


そんなフェリーに乗ること約2時間・・・

エジプト・ヌエバ到着!

はや!!

これで8000円か・・・


しかもこの時間で着くのに12時出向にする意味・・・

謎の時間設定です。



到着するとしばらく待たされ、係員みたいな人に引き連れられ船の外へ。

この時エジプト人たちはまだ船の中に取り残されたままで、フェンスに張り付いてました。

ああ、なんかインドっぽい。

懐かしい感じがします。



そして心配だったビザも難なくゲット!

ついにアフリカ大陸、エジプト入国です!

しかしまだ夜中の2時とかなので、フェリー乗り場の建物内で朝を待ちます。

そして、朝になりバスに乗ってエジプト・ダハブへ。



ダハブはシナイ半島というところにあるのですが、このシナイ半島、情勢が極めて不安定です。

ダハブを除き、シナイ半島のほとんどが外務省ホームページではレベル3とされています。


(実際つい最近もカイロ付近でバスを狙ったテロがあったみたいです。)


僕はこの情報を見た時震え、バスに乗る前もびびってました。

しかし出発と同時に爆睡。。

気付いたらダハブでした。

何事もなく着いてよかった!

そこからタクシーという名の軽トラにのり目的の宿へ。



IMG_5747.jpg



韓国人の2人は違う宿に泊まるそうなのでここでお別れです。

ダハブは小さい街なのでまたすぐに会えるでしょう!


こうして僕のダハブでのリゾート生活が始まりました!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ネパール

韓国人の友人、そして、寝ている間に危険地帯通過と幸運を持ってますね。地図でアカバとザハーブを見つけて一緒に旅行している感を感じてます。昨日タイ料理店に行き、店員さんにおすすめのタイ料理は何?店員さん「ごめんなさい、私ネパール人」一緒にいた皆、ネパールを知らなかったけど、私はリョウ君のブログと地図の上で一緒に旅行しているのでネパールいいところだよね・・・行ったことないけど・・・でリョウ君の話で盛り上がりました。

Re: ネパール

韓国人の2人には会えて本当によかったです!アフリカでも会えるかもしれないので。
危険地帯はカイロにへ行くときも通るので何事もないことを祈ります・・

そうなんですか!タイ料理食べたいです!
ネパールは本当に良いところです。戻って天丼食べたいです。

ちなみに僕のおすすめのタイ料理はカオマンガイです!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。