--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/04/12

移動はつらいよ。

ナマステー!



カトマンズを出た僕が向かう先はバラナシ。

インドからネパールに来たルートをそのまま戻ります。



まずはカトマンズからネパールとインドとの国境スノウリへ向かう夜行バスに乗ります。


チケットをターミナルで直接買っていく予定で、バスが何時発かわからなかったので余裕を持って5時半ごろターミナルに着くように宿を出ました。

ターミナルで客引きされたおじさんに着いていってチケットゲットです。

500ルピーで8時発でした。


2時間も暇を持て余してしまいましたが、隣の空いてるバスにいた子供と遊んだりして時間をつぶします。




IMG_5275.jpg
(今思ったけどすごい真顔!)



そして8時ごろバスは出発。

ガッタガタの道を走り続け、5時ごろスノウリの近くに到着しました。


そこからリキシャに乗り国境へ行き、無事インド再入国です。


インド側からはゴーラクプルという駅を目指します。


バスに乗れば安く行けるのですが、早くバラナシに着きたかった僕は少し高いですが客引きされたシェアタクシーに乗ることにしました。


僕が乗る時にはすでに親子が合わせて4人いるのに、タクシーの運転手はまだ客引きを続けてます。

いや!もう十分でしょ!!

だって普通乗用車のサイズだよ!



そんなことを思っていたら・・・


さらに2人組の男を連れてきました。

運転手合わせて大人6人子ども2人です。


え?これどうやって乗るの?

って思ってましたが、案外すんなり乗れました。



IMG_5261.jpg



ぎっちぎちの車に2時間ほどゆられてゴーラクプルの駅に着きました。

この時点で9時。


駅のオフィスで聞くと、バラナシ行きの電車は1時らしいです。

えーー。あと4時間もある・・・

ていうか、


インドあっっっっつ!!


この二週間の間に気温がだいぶ上がったみたいです。

電車の来る1時まで、ネパールに行くときに見つけたクーラーのある食堂に4時間居座ります。


この時久々にスパイスの聞いたご飯を食べたので、さっそく数時間後にお腹を壊します。

ネパールでゆるみきった僕の胃袋じゃ太刀打ちできなかったみたいです。

やっぱりインドのスパイスの威力半端じゃないです。


そうして、ゴーラクプルからバラナシ行きの電車に乗った・・・

はずでした。


ゴーラクプルを出てから三時間後、なぜか電車が止まります。

ん???

と思っていたら、他の乗客が終点だよって教えてくれました。

え、どういうこと??

ここはどこ?私はだれ?状態です。

話を聞くと、ここはネパールとの国境らへんらしいです。



IMG_5276.jpg



つまり、

また戻ってきてしまったみたいです・・・



駅員にどの電車乗ればいいか聞いたのに!

やっぱあいつやる気なさそうな顔してると思ったんだよ!!

インド入ったとたんこれか!!!


仕方がないのでもう一度ゴーラクプルへ戻ります。

途中、夕暮れの景色がきれいだったので、これを見に来たんだと言い聞かせて自分を慰めます。



IMG_5277.jpg



行きは三時間だったのに、帰りは謎の停車を繰り返し、五時間かかりました。

ゴーラクプルに戻ってきたのはもう夜の11時。

本当ならとっくにバラナシに着いて宿でくつろいでる時間です。


駅員にバラナシ行きの電車はあるか聞いたら、10分後にバラナシ行きの電車があると言われたので急いで乗り込みます。

今度はしつこいくらい周りの乗客にバラナシ行きか確かめます。

そうして電車に揺られること7時間、朝6時にバラナシ到着です。


本当なら24時間あれば着くところが、36時間くらいかかりました・・・


しかもこの後の予定が詰まっているため、バラナシでは宿泊せずにこのまま夜行でジャイプルというところに向かうことになりました。

まさかの2日連続の夜行です。

本当なら一泊ゆっくりしてから行けたのに!!


とりあえず、泊まるはずだった宿に向かって半日滞在ということでシャワーを浴び、洗濯をさせてもらいます。

インド暑すぎて、ネパールでは全然乾かなかった洗濯物が一瞬で乾きます。


そして夕方、ジャイプルに行く電車に乗るため宿を出ました。

もうめっちゃハードスケジュールです。


ちなみにバラナシからジャイプルまで17時間くらいかかるのですが、スリーパーのチケットが直前すぎてとれなかったのでジェネラルで行きます。


スリーパーというのは一応一人一つのベッドが与えられる寝台の一番安い席。

僕がコルカタからガヤーに行くときに乗ったやつです。


そしてジェネラルというのはただの椅子が並んでる普通車両です。

ジェネラルは、インド人から見ても動物の車両って言ってました。

混むときはもうめっちゃ混むらしいです。

だってインドですからね!

「席あるといいね」って言われました。。


しかし、そんなジェネラルの席にも貴族の席があります。

それがここです。



IMG_5281.jpg



わかりますか?

アップすると、



IMG_5280.jpg



ここです。


そうです。本来なら荷物を置くところです。

しかし、インド人たちはほとんどここをベッドのようにして使っています。

ここに乗れば、インド人たちに無駄にくっつかれることも、睡眠を妨害されることもありません。


僕はこの貴族の席の存在を知っていたので、乗車時にダッシュでここを狙います。

電車が来た瞬間、インド人に混ざって電車に飛びつきます。

そして、


貴族の席ゲット!!!


ここに乗れればもう勝ったも当然です。


やはりここは貴族の席なのでしょう、

隣を見ると、軍人たちが荷物置きを占拠してました。



IMG_5278.jpg



普通の板なので背中とかめっちゃ痛いですが、椅子に座るよりはましです。

夜中目が覚めて、ふと下界を見渡すと



IMG_5279.jpg



こんな光景が広がってました。

よかった・・・下にいないで・・・


ただこの席の問題が一つ。

トイレに行けない!

まず足の踏み場がなくて降りれない。

そして、降りれてもトイレ行ってる間にこの貴族の席をとられるんじゃないかという不安があります。


なので、僕は17時間トイレに行きませんでした。

そうして尿意も限界に達したところでジャイプル到着!


この3日で約51時間の大移動です。

はぁ~~疲れた~~

しかし、これから5日間くらいは一泊して、夜行乗っての繰り返しです。

移動ってしんどいですね!っていうお話でした。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

貴族の席…(≧∇≦)

すごい忍耐の必要な特等席ですね…17時間良く耐えられましたネ…水も飲まずって感じですね、キット…
引き続き、体調に気をつけて移動頑張ってください‼️

Re: 貴族の席…(≧∇≦)

正直かなりしんどかったです。
でも下の席にいたらと思うとぞっとします。特等席がとれてよかった・・・

水はお察しの通りなるべく飲まないようにしてました。

インドでの移動は残すところあと一回です!寝台をとったので楽勝です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。