--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/13

バングラのお家に泊まろう!

アッサラーム アライコム!



若干時は遡りますが、マレーシアからバングラにやってきたあたりのお話です。



マレーシアからバングラデシュのダッカにやってきました。


昨日もまた体調が悪く、行こうと思っていたバトゥ洞窟に行くことを断念しました。

チェックアウトぎりぎりまで休んでから、欲しかった帽子みたいなものだけ買いに行って空港に向かいました。


IMG_4838.jpg



クアラルンプール空港はエアアジアの本拠地だけあってきれいでWi-Fiも使えるし快適です。

僕はフライトまでの時間を空港でつぶそうと考え、出発の6時間前に空港に着きました。

各国の最終日はその国の通貨が中途半端に余ってる場合が少し贅沢できます。

普段はいかないスタバなんかにも行っちゃいます。


IMG_4841.jpg



バングラデシュについてリサーチしたところ、インドよりカオスという記事を見つけてビビります。

飛行機の中では乗務員がお前はここ、おまえはそこ、というようにテキパキ乗客をさばいていました。

初めて乗務員がこんなに活躍しているのを見ました。

早くも喧騒の予感です。



僕がバングラデシュに来たのは、バングラ人の友達がいるからです。

出発前まで一緒にバイトしてました。

深夜着のフライトだったんですけど、彼が迎えに来てくれるっていうんで、ダッカに着いてから飛行機の席が隣だった人の携帯借りて電話してみました。

すると、彼もさっき日本から帰ってきたばかりで今からはいけないと言います。


空港泊するしかないか~と思ってましたが、ダッカの空港には異常な量の蚊がいました。

じっとしてたら10匹くらいまとわりついてくるレベルです。

蚊よけのために、空港ついてすぐ雨具来たら、バングラ人に

「外は雨降ってないよ!ははっ!」

って笑われました。

外見より実用性重視です。


しかし、ただの空港泊なら我慢できるんですけど、蚊が尋常じゃなかったのでさすがの僕も諦めて空港の近くの高いホテルに泊まることを決めて歩き出しました。

すると蚊の少ないスポットがあるではありませんか!

今日の寝床確保です。


IMG_4844.jpg


完全防備を試みたものの、結局ほとんど寝られませんでした。



朝には友達が迎えに来てくれました。

ご飯を食べてから、そのまま彼の家に向かいます。

オートリキシャと呼ばれる、三輪バイクのタクシーみたいなのに乗ったんでけど、バングラの交通事情すさまじいです。

僕がこれまで訪れた国で最も衝撃を受けました。

まずは信号がありません。

歩行者は車の間を無理やり渡るか、歩道橋を使います。

そして車線がありません。

そこを車からオートリキシャ、自転車まで様々な乗り物が少しでも前に進もうとしてます。

もうみんな我が道を行くって感じです。横の車との間は数十センチでした。

空港から2,3時間で到着です。


家に入る前にはしっかり靴を脱ぎます。

家に彼の友達や親せきがたくさん来ていました。

親せきとか友達がこうやって集まってる感じすごく良いなと思いました。

一緒に食事を頂いてから、みんなで屋上に上がります。

ここからセルフィ大会の始まりです。


IMG_4877.jpg


みんな日本人がとても珍しいみたいで、一緒に写真撮ってと次々に言われます。

あれ?僕ってバングラで有名だったっけ?

って気分になります。


IMG_4887.jpg


セルフィ大会終了後は、休んでからまた食事を頂きました。


IMG_4891.jpg


お母さんはバングラの食事が日本人の口に合うか心配だったみたいで、僕が美味しいよっていうとすごく優しそうな顔で喜んでくれました。


バングラの食事は基本カレーです。

バングラ人は食事を手できれいにします。

食習慣はインドに近いようです。

つまり、カレー漬け生活の始まりです。



次の日は昼までぐっすり休んでから、外を散歩しました。

歩いていると、子供たちがついてきます。


IMG_4888.jpg


近所の人はみんな知り合いみたいで、いろんなところをよりながら歩きます。


停電も経験して


IMG_4890.jpg


蚊取り線香工場も見せてくれました。


IMG_4889.jpg


次の日の朝には僕が泊まるホテルまで送ってくれました。



結局お家には2日間もお邪魔してしまいました。

友達とその家族には至れり尽くせりの待遇を受けました。

友達は過保護ってくらい僕のことを心配してくれました。

お母さんは言葉は通じないけど、優しく笑いかけてくれました。

お別れのときはもちろん号泣です。

泣いたの三年ぶりくらいです。久しぶりに泣きました。


IMG_4892.jpg


いつかまた帰ってきたいと思います。

ありがとうイサク!!


IMG_4874.jpg





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

素敵な旅 \( ˆoˆ )/ !

出会い

素敵な出会いがあったようだね。
泣けるってイイこと。
泣くと心身の澱みたいなものが洗い流されるからね。
これからも大いに泣きたまえ!
アデュー!

バングラデシュでアイドルデビューおめでとう!笑いました!

Re: タイトルなし

素敵でしょ?(笑)

バングラでのイサクはとても素敵だったよ!

Re: 出会い

ほんとに友人とその家族には感謝!

たしかに泣いた後はスッキリしたよ!

Re: タイトルなし

ほんとにアイドルにでもなった気分だった!(笑)

アイドルもなかなか大変だね・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。