2016/11/16

メキシコシティにまさかのアレが・・・

オラー!  
   
   
グアナファトからメキシコシティに戻ってきました。
   
もう一つ街行こうか迷ったんですけど、たぶん行っても後悔するのでやめました。
   
   
   
というわけでまたまたメキシコシティです。
   
   
とはいえ、メキシコシティ観光は前回の滞在でほとんど終わらせてしまった!
   
   
ということで、あとやることは街の散策くらい。
   
そういえばメキシコシティの街並みに触れてなかったので触れときます。
   
   
   
まずメキシコシティ、想像以上に都会です。
  
   

   
   
高層ビルはバンバンあるし、車はビュンビュン走ってるし、そこら中にコンビニあります。
   
メトロとかバスも充実しててめっちゃ便利!
   
ただメトロはスリが多発してるので要注意みたいです。
  
   
   
そのくらい発展してる一方、歴史的な街並みも残ってます。
  
これ郵便局です。
  
   

   
   
革命記念塔みたいなのもあります。
  
   

   
   
街の中心にはどでかい広場が!
   
   

   
   
そしてその広場を見下ろすようにカテドラル!
   
   

   
   
この広場から歩行者天国みたいなのな繋がってるんですけど、
   
   

   
   
ものすごい人でした。
   
なんか久しぶりにこういう人混み来たなって思いました。
   
久しぶり過ぎて人に酔いそうでした。
   
日本帰ったら適応できるかな?
   
ちょっと心配になります。
   
   
  
めっちゃ気持ち悪いピカチュウもいました。
  
   

   
   
ピカチュウに立派な手足ついてます。
   
もうちょっとクオリティを上げてから出直してほしいです。
   
   
   
土日のメキシコシティでは街のあちこちでイベントっぽいのやってます。
   
   

   
   
   

    
   
土日は目一杯楽しむスタイルっぽいです。
   
日本にもこういう感じ欲しいなって思います。
   
   
  
さてさて、メキシコシティに来た旅人が必ず行くというところに行くのを忘れてました。
   
メキシコシティにはまさかのアレがあるのです。
       
それがこれ!
   
   

   
   
そう。なんとすき家。
   
まさかすき家がメキシコシティにあるなんて・・・
   
   
しかも入ってびっくり、いらっしゃいませの声です。
   
9ヶ月ぶりにいらっしゃいませって言われました。
   
   
席についてまたびっくり、なんと店員さんを呼ぶベルもあります。
   
   

   
   
なんだこれ・・・
   
ここは日本だ・・・
   
   
   
僕が頼むのはもちろん、
   
   

   
   
ネギ玉牛丼ですね。
   
玉の部分は温玉です。
   
まさかネギ玉牛丼まであると思ってませんでした。
   
   
すき家なのにラーメンもありましたよ。
    
ネギ玉牛丼、まじでうまかった。。
    
      
   
日本とほぼ変わらない味です。
   
すき家バンザイ。もう最高過ぎる。
   
すき家の社長に直接会ってありがとうを伝えたいです。
    
毎日来ることを誓って店を後にしました。
   
   
   
実際メキシコシティ滞在中3回行きました。
   
それくらい良かったです。
   
   
   
メキシコシティにはなんでもあるので日本食スーパーもあります。
   
   

   
   
お惣菜のかき揚げとか売ってました。
   
それだけじゃありません。
   
なんと店先で抹茶アイス売ってます。
   
   

   
  
メキシコシティ最後の晩餐は日本食スーパーで買ってきたカレー(ジャワカレー中辛)でした。
   
大満足。
   
メキシコシティめっちゃ良い!!
   
断言します。
  
ここなら住めます。
   
   
   
さて、メキシコに思い残すことはもうありません。
   
次はコロンビアへ!
   
ついに南米上陸です!楽しみ!
スポンサーサイト
2016/11/15

長期旅行の良くないところ

オラー!   
  
   
メキシコシティを一旦離れて向かう先はグアナファトという街です。
    
ラウーと、日本人と一緒に3人で行きます。
   
   
   
節約のため深夜12時発、早朝5時着という夜行バスと言うにはあまりに短すぎる夜行バスに乗ります。
   
このバスがこの旅一番の快適さ!
   
足のとこガチャンってなるし、背もたれもめちゃめちゃ倒れます。
   
   
しかも空席だらけ!
   
あまりの快適さに写真を忘れましたが、あと12時間くらい乗ってたいくらい快適でした。
   
   
   
不本意ながらも朝5時に到着した僕たちは、明るくなるまでターミナルで待機してから宿に向かいました。
   
   
   
グアナファトはカラフルな街並みが「かわいい!」と人気の街です。
   
一応世界遺産みたいです。
   
街歩きしてみます。
   
   

   
   
  

   
   
   

    
    
・・・
   
   
   
まぁたしかにカラフルでかわいいです。
   
人気になるのも頷けます。
   
  
   
でも・・・
   
    
   
もうカラフルでコロニアルな街並みには飽きた!
   
    
そんな風に思っていたら、僕の気持ちを代弁してくれる天使がいました。
   
   

   
   
たぶんこいつも「もうこういう街並み飽きたよう。。」って言ってます。
   
   
   
でもせっかく来たので楽しみたいと思います。
   
   
グアナファトは坂が多い街なんですけど、街のあちこちにこういう下に抜けるトンネルみたいなのがあります。
   
   

   
   
   

   
   
そしてこれがグアナファトの名所らしいです。
   
   

   
   
なんでこれが名所なのか全くわかりませんでしたが、けっこう人集まってたので間違いありません。
    
    
   
もう一つの名所、グアナファトが見渡せる丘にも行きます。
   
この写真の右上の丘です。
   
   

   
  
宿から15分くらい登り続けると着きます。
   
これです。
   
   

       
    
たぶん晴れてたほうが色が映えて綺麗なはずです。
   
僕の滞在中は残念ながら毎日曇りでした。
   
   
   
この丘からの夜景も綺麗らしいので夜も行ってみます。
   
   

    
   
お!綺麗!
   
あの一際輝く教会も近くで見てきました。
   
   

   
   
次の日は、近くに坑道跡があるというので行ってみました。
   
バス停の近くで何やらイベントをやってます。
   
   

    
   
何してるのかは少しもわかりません。
   
イベントはスルーしてバスに乗り、20分くらいで到着です。
   
街の中心に教会があって、
   
   

   
   
その裏に坑道跡があります。
   
ヘルメットを被って入ります。
   
   

    
   
探検気分です。
   
   

    
   
一応ツアー形式なんですけど、オールスペイン語なので全くわかりません。
   
メキシコ人観光客ばっかりでした。
   
  
   
後はグアナファトに戻って散策&グルメ探索することにしました。
   
グアナファト大学めっちゃかっこよかったです。
   
   

    
   
しかもこのグアナファト大学、スペイン語の授業が受けられてそれが4ヶ月6、7万らしいです。
   
安すぎ!
   
そんなわけでここグアナファトには日本人留学生がいっぱいいました。
    
僕も時間あったらグアナファト大学行きたかったです。
    
   
   
グルメ探索のほうはやっぱりスイーツに目がいってしまいますね。
   
いつも通りです。
   
僕のイチオシはこのショコラケーキの上にプリンがのってるやつ。
   
   

   
   
そして真っ黒なショコラテが有名な店もあったので行ってきました。
  
   

   
   
もうドロドロの激甘です。
   
ショコラテっていうかチョコです。
  
美味しかったけど。
   
   
  
夜はご飯を食べてから、ラウー達にグアナファトに来ていた山田夫妻も交えてお酒を飲みに行きました。
  
   

    
   
ラウー達とはここでお別れなのです。
   
山田夫妻とはまたメキシコシティで会います。
   
   
ラウーは3月のWBCに合わせて日本に行きたいと言ってたのでもしかしたら日本で会えるかもしれません。
   
  
てか日本で会いたいですね。
   
バイバイ!ラウー!
2016/11/14

遺跡もすごいけど図書館もすごいメキシコシティ

オラー!  
   
  
今回もメキシコシティです。
   
   
今日はテオティワカン遺跡というメキシコシティの近くにある遺跡に行きます。
  
太陽と月のピラミッドで有名なあの遺跡です。
   
   
テオティワカン遺跡まではバスで!
   
   
またまた台湾人のラウーとその友達の台湾人達と一緒です。
   
メキシコシティからは1時間くらいでこんなところに着きます。
   
   

   
   
テオティワカン遺跡は目の前ですが、チケットを買ってまずは博物館みたいなところに行きます。
   
   

   
   
テオティワカン遺跡の全容がわかります。
   
   
   
そしていよいよテオティワカン遺跡とご対面!
   
こいつが太陽のピラミッド。
   
   

   
   
でかいです。
  
正面から。
   
   

   
   
ここで僕たちがやることといえばもちろん、
   
   

   
  
踊ります。
   
見ての通り、テオティワカン遺跡観光客ものすごいいます。
     
そんな大群衆の中踊りました。
  
みんなめっちゃガン見です。
    
シャッター音が凄まじかったです。
   
記者会見かな?ってくらいです。
   
もはや恥ずかしさとかありません。
   
たぶんメンタルレベル10は上がりました。
   
   
   
それから次は月のピラミッドへ!
   
この月のピラミッドまでの道はデスロードらしいです。
   
   

   
   
生贄に捧げられる人が歩いたとか歩いてないとか。
   
そんな道を生贄に捧げられる気分で歩きます。
   
そんな生贄に捧げられる気分のまま、ジャンプします。
   
   

   
   
そして登ります。
   
えげつないくらい急です。
   
   

   
   
手すりがないと登り降りできない人がいるくらいです。
   
   
そんな階段を乗り越えた月のピラミッドからの眺めはこんな感じ!
   
   

   
   
良い感じです。
   
さらにこんなポーズも撮っちゃいます。
   
   

   
   
一人で来てたらこんなことやってません。
   
やっぱり一人で来るよりみんなで来るほうが楽しいです。
   
   
   
月のピラミッドの後は、「もういいんじゃん?」って空気が漂ってましたがせっかくなので太陽のピラミッドにも登っておきます。
     
      
めっちゃ並んでました。
   
   

   
  
今日が日曜日だかららしいです。(先週の)
   
ぞろぞろ蟻みたいに行列をつくって太陽のピラミッドの頂上に着きます。
   
   
太陽のピラミッドから見える月のピラミッド。
   
   

   
   
太陽のピラミッドからの景色は微妙でした。
   
      
登るなら月のピラミッドだけでいいと思います。
    
その後はテオティワカンで合流してきた台湾人が車に乗せてくれて、そのままメキシコシティの台湾人シェアハウスにお邪魔します。
   
   

   
   
みんな同じ会社で働いてるらしいです。
   
右手前の台湾人が車を運転してくれた「兄貴」。
   
   
兄貴の体はタトゥーだらけです。
   
お腹に引くほどでかい狼のタトゥー入ってます。
   
   
   
そんなオラオラ系の兄貴ですが、タトゥー見たいからTシャツ脱いでって言うと、
   
「やだよー。」って言ってめっちゃ照れます。
   
そんなシャイな兄貴でした。
   
   
   
次の日はチョロっとお土産マーケットをチラ見して
   
   

   
   
そこにいた犬にムツゴロウさんばりに、「よーしよしよしよし」ってしてから
   
   

   
   
こんなところに行きました。
   
   

   
   
これなんだかわかります?
   
   
これなんと、
    
    

    
   
図書館です。
   
めっちゃ綺麗です。
   
近未来感がものすごいです。
   
   

   
   
しかも見学無料。
   
そんなステキ図書館で僕は、
   
   

   
   
爆睡してしまいました。(撮影:ラウー)
   
変な体勢で寝たので首痛くなるっていうおまけ付きです。
   
   
   
図書館の隣には落書きのクオリティを遥かに超えてるペイントアートみたいなのがありました。
   
   

   
   
メキシコシティはとりあえずこれでおしまい!
          
一旦離れてまた戻ってきます!
2016/11/12

人形島とかプロレスとかキューバ以来の再会とか

オラー!  
   
   
オアハカから夜行バスでメキシコシティに来ました!
   
   
そしてそのまま宿のみんなと出かけます。
   
   
目的地は人形島と呼ばれるところ!
    
大量の人形が吊るされている不気味な島がこのメキシコシティの近くにあるらしいです。
   
   
僕は誘われるまで知らなかったけどアンビリーバボーとかで取り上げられたこともあるみたい。
   
   
ちょっと調べたら「呪われた人形島」とか出てきます。
   
ビビります。
   
   
   
軽ーく紹介すると、ある一人の男性がここで溺死した少女の供養のために人形を集めて吊るすようになったらしいです。
   
ですがその男性も少女と同じようにここで溺死したとか・・・
   
   
こわい。。
   
   
詳しくは「人形島 メキシコ」とかでググってみてください。
   
   
    
人形島まで、まずはメトロでソチミルコというところに行きます。
   
そこで腹ごしらえをしてから、いよいよ人形島へ!
   
   
人形島までは船で行きます。
   
需要と供給のバランスを完全に間違えてる船着き場から出発です。
   
   

  
   
船を一台チャーターするって形なので、大人数で行ったほうがお得です。
   
僕たちは8人で4時間たしか1300ペソ(約6500円)くらいでした。
  
   
屋形船みたいな感じなので、お酒とお菓子を買い込んでわいわい行きます。
   
   

     
   
船は手漕ぎなのですこぶる遅いです。
   
船に乗ること3時間経過・・・
   
   

   
   
僕が用を足すために止まったのをきっかけに、船がもと来た道を戻り始めます。
   
みんな一斉に、
   
「あれ?人形島は?」
   
ってなります。
   
   
すると船の漕ぎ手が
   
「人形島に行くならもう1時間追加だ。」
   
とか言い出します。
   
   
みんな、
   
「はぁ~!人形島に向かってたんじゃないんかい!」
    
ってなりましたが、とりあえず人形島に向かってもらいました。
   
   
   
人形島へ向かい始めると30分くらいで到着。
   
どうやら同じところをぐるぐる回ってたみたいです。
    
   
道理で同じようなアヒルの群れに遭遇するわけです。
   
遭遇するたびに新鮮な気持ちでアヒルにパンをあげて楽しんでた自分たちが馬鹿らしいです。
   
   
「別に屋形船を楽しみに来たわけじゃないわ!」って気持ちを抑えて人形島上陸。
    
   
滞在時間は10分までとか言われましたがそんなのは無視です。
   
入場料が50ペソ。
    
噂の人形島がこちら。
   
   

   
   
意味がわからんくらい人形がぶら下がってます。
   
   

       
   
   

      
   
   

   
   
けっこう怖いです。
   
一人じゃないし、昼間だからそこまでだけど、夜来たらちびってます。
   
   
  
そんな人形島で僕らは、
   
   

   
   
踊ってきました。
   
   
   
一緒に行ったメンバーの中に台湾人がいて、その台湾人がいろんなところで踊る動画を撮ってるんです。
   
  
で、それを見て人形島でもやろうよってなりました。
   
たぶん人形島で踊り出した人は初めてじゃないですか?
   
バチが当たりそうですが、今のとこ何もないので大丈夫そうです。
   
   
   
結局帰りは妥協して少しの追加料金を払って帰りました。
   
   
   
宿に戻って少し休憩して、今度はあるところに向かいます。
   
メキシコといえばあれです。
    
そう!プロレス!
   
   

   
   
初めてプロレス見ましたが、投げとかリングの外に飛び出るやつとか、なかなか迫力ありました。
   
何より観客の盛り上がりがすごかった!
   
プロレスの仕組みというかルールとかよくわかんないけど、最後の試合は悪役が勝っちゃってなんか微妙な空気になって終わってました。
   
   
   
次の日は台湾人と出かけます。
   
実はこの台湾人、キューバで会ってます。
  
名前はラウー。
   
この後しばらく一緒にいます。
   
   
そしてキューバで会った時にラウーと一緒にいたもう一人の台湾人、モニカがメキシコシティにいるというので会いに行くことになりました。
   
   
まずは韓国料理で腹ごしらえして、
   
   

   
   
モニュメントへ!
   
   

   
   
そしてここでももちろん
   
   

   
   
踊ります。
   
   
目立ち過ぎて、ここで撮影していた映像制作グループみたいな人たちに撮らせてくれって頼まれたので撮らせてあげました。
   
   

   
   
それからそのまま土曜マーケットがあるというところへ行ってみました。
   
       
   
まだお祭り気分は抜けてません。
   
   

   
   
お土産良さげなものがいっぱいでしたが、これ以上荷物を増やしたくないので我慢。
   
見るだけにしておきました。
   
   

   
   
   

    
   
メキシコシティちょっと長くなりそうなのでとりあえずここで切ります。
   
次回もメキシコシティが続きます!
2016/11/10

骸骨だらけ!死者の祭!

オラー!  
   
  
サンクリからオアハカという街にやってきました。
  
この街に来たのは死者の祭というお祭りに参加するため!
  
   
   
死者の祭っていうのはメキシコのお盆にあたる死者の日に行われるお祭りです。
  
10月31日がハロウィンと前夜祭で、11月1日が子どもが帰ってくる日、2日が大人が帰ってくる日みたいです。
    
ただそこはメキシコなので日本のお盆とは違って華やかな感じらしいです。
   
   
   
メキシコ全土で見ることができますが、オアハカが良いらしいってことでオアハカで参加することにしました。
  
   
   
僕たちがオアハカに着いたのは30日!
  
すでに街では死者の日の準備が始まっていました。
   
死者の日用の花や、
   
   

     
   
死者の日限定っぽい気持ち悪いパン、
   
   

    
  
骸骨の砂糖菓子などがあちこちにあります。
   
   

   
   
街中の骸骨の量がものすごいです。
   
   

   
   
そしてこんな華やかな装飾もあちこちに!
   
   

    
   
メキシコでは死者の日を帰ってきた故人と楽しもうよ!ってスタンスらしいです。
   
さすがメキシコ。
   
   
   
31日は前夜祭!
  
といってもこれといったイベントもないみたいなので、夜からオアハカ近郊のお墓を巡るツアーに参加しました。
   
   
メキシコ人は31日の夜から明け方にかけてお墓で過ごすらしいです。
   
このツアーはコスメルで一緒だったダブルしんやさん達のグループに混ぜてもらいます。
   
   
   
お墓の様子はこんな感じです。 
   
    

   
   
   

   
   
   

   
   
   

   
   
   

   
   
   

    
    
観光客多すぎで、死者達もたまったもんじゃないだろうな~って思いました。
    
って言いながらみんなで集合写真も撮ります。
   
   

    
   
次の日からはいよいよ死者の祭本番!
   
街では骸骨メイクをしてる人がたくさんです。
  
   

    
   
犬も骸骨メイクさせられてます。
   
   

   
  
ということで僕たちも骸骨メイクでばっちり。
   
   

   
   
前夜祭のメイクは自分達でやったんですけど、プロにやってもらうとクオリティが全然違いました。
   
   
ここからは山田夫妻とその友達と一緒です。
   
   
メイクも決めて、死者の祭を楽しむ準備は万端です。
   
   
   
僕たちはディズニーランドのパレードみたいなのがそこら中であるんだろうくらいに思ってました。
    
   
ところが祭りは思ったより小規模。。
   
   
こんな人たちが練り歩いてて、たまにちっちゃいパレードがあるくらいです。
   
   

   
   
でもせっかくなので僕たちも街を練り歩きます。
   
すごい人です。
   
   

   
    
そしてみんなペイントしてました。
    
   

   
   
   

      
   
    

      
    
ずいぶん気合い入ってる日本人もいました。
   
   

     
  
今見たらなぜか左の人めっちゃこっち見てくれてます。
大人気で絶え間なく誰かと写真撮ってました。
   
    
一番怖いと思ったのはこいつです。
   
   

   
   
なんか狂気を感じました。
   
   
      
祭は思ってたのと違ったけど、こういう雰囲気は楽しいです。
   
   
   
昼のお墓にも行ってみました。
   
夜とはまた違った雰囲気です。
   
   

      
    
お墓なのにビバとか書いてありますからね。
   
昼のほうが人が少なくてお墓参りしてる感あります。
   
   

     
   
こんな感じ死者の祭は過ごしてました。
   
   
けっこう期待してたけど、思ってたよりだったな・・・
   
たぶんオアハカよりもメキシコシティのほうが規模が大きいような気がします。
   
次に死者の日にメキシコに来るならメキシコシティに行きます。
   
     
   
あ、オアハカ最終日には近くの遺跡にも行きました。
   
   

     
   
感想は特にないです。
   
ピラミッドを登るときにやったグリコのおまけが楽しかったです。
    
   
   
最後に。
   
   

   
   
二代目ビーサンが壊れました・・・
2016/11/04

再びメキシコへ!

オラー!  
   
   
4泊過ごした湖畔の街、サンペドロ・ラ・ラグーナとも今日でお別れ。
   
   
  
次はまたメキシコに戻り、サンクリストバルラスカサスというこれまた長ったらしい名前の街を目指します。
   
鬼高い出国税を一回払ったのにまたメキシコ入ります。
   
以下サンクリストバルラスカサスはサンクリでいきます。
   
   
  
前々日にサンクリ行きのチケットを買っておきました。
   
   
起床は朝5時。
   
前日の就寝はトランプのし過ぎで2時だったので3時間睡眠です。
   
久しぶりに寝不足に陥りました。
   
   
   
まずはボートで向こう岸の街に行くみたいです。
  
荷物を預けたらボートの屋根の上に置かれました。
   
   

   
  
この上なく不安です。
   
荷物が落ちたら真っ先に救出にいける準備を整えてボートに乗ります。
   
   
   
結局何事もなく30分ほどで対岸の街、パナハッツェルに到着。
  
朝焼けとアティトラン湖周辺の山が綺麗です。
   
   

   
   
そこからシャトルバスを2つ乗り継ぎ、サンクリに着きました。
    
ツアー会社が全部アレンジしてくれるので楽ちんです。
   
     
   
ここサンクリではネパール、モロッコで出会った山田夫妻と再会!
   
これから死者の日まで一週間くらい一緒に行動します。
   
   
   
サンクリはこれまた街並みがオシャレなところ。
   
なんかもうそろそろ街並みがオシャレなところにも飽きてきましたが観光に繰り出します。
   
   

   
   
うん。街きれい。
   
でもグアテマラ・アンティグアとの違いがあんまりわかりません。
   
   
   
教会が平べったくて特徴的でした。
   
   

   
   
   

   
   
街の中心にも大きな教会があります。
   
   

   
   
もう一つサンクリの街で特徴的なのがこれ!
   
   

   
   
OXXOはメキシコのコンビニなんですけど、サンクリだと景観を壊さないようにモデルチェンジして街に溶け込んでます。
   
      
バーガーキングやサブウェイもこんな感じでした。
   
京都みたいです。
   
こういう景観を意識した街づくりは外国では初めてでした。
   
    
   
   
サンクリの周りにはいくつか村があるというというので、そのうちの一つにも行ってみました。
   
伝統衣装が見られる村みたいです。
   
バンで20分くらい。
   
村に着くとさっそくいました。
     
   

    
   
遠いですね。
   
盗撮じみてます。
   
   
でもこんな盗撮まがいのマネをしたのには理由があります。
   
   
なんでも、ここの街の人たちは写真を嫌うんだそうです。
   
てかここの街では教会の外装ですら写真ダメみたいです。
   
実際教会の写真撮ってたら他の観光客に「気を付けなさい」って注意を受けました。
   
   
   
そんな街なものだからもちろん正面からパシャりなんてできません。
   
   
でもせっかく来たのにきちんとした写真がないのもあれだから一回だけお金を払って撮らせてもらいました。
    
   

   
   
この肩に羽織ってる紫の花柄の布が伝統衣装らしいです。
   
滞在時間は30分くらい。
   
   
   
あとはサンクリに戻ってお土産市場を物色したりします。
   
   

   
   
ここサンクリでもグアテマラと同じようにモノがとにかくカラフル。
   
こちらが山田夫妻(妻)です。
   
   

   
   
山田夫妻は「我慢はしない、お金のことは気にしない」系バックパッカーなので、この馬鹿でかい布を即決で買ってました。
   
   
   
あとはサンクリはチョコとかが有名らしいです。
   
チョコラテが絶品でした。
   
   

    
   
トリュフはもっと絶品でした。
   
   

    
   
今まで食べたトリュフの中で一番美味しかったです。
   
   
   
サンクリはこれで終わり!
   
次はオアハカという街で死者の祭に参加します!
2016/11/03

カラフル過ぎる!グアテマラの衣装と雑貨!

オラー!
   
     
   
アンティグアの次に僕が向かうのはサンペドロ・ラ・ラグーナという湖畔の小さな街!
   
なんでも超快適日本人宿があるらしいです。
     
   
   
その前に、チチカステナンゴというアンティグア近郊の村で日曜日の民芸品のマーケットがあるというので寄ってから行くことにしました。
   
   
チチカステナンゴまではチキンバスを乗り継いで行きます。
   
   
   
前回のチキンバスは余裕でしたが、今回のチキンバスはきつかった・・・
   
マーケットが開かれるということもあってか、チキンバスの乗車率は200%くらい。
   
僕はもちろん座れず、グワングワン揺れる山道を立ちっぱなしで乗り越えました。
   
   
  
こうしてチチカステナンゴ到着!
   
マーケットはものすごい活気です。
   
   

   
   
チチカステナンゴのマーケットはとにかくカラフルでした。
   
   

   
   
   

   
   
売られてる雑貨がカラフル、それを売り買いしてる人たちもカラフルと、カラフルがカラフルを呼んでもうめっちゃカラフルです。
   
   

  
   
   

   
  
グアテマラの雑貨はそのデザインから人気があり、僕も要らないと思いつつもなんか余計にお土産買ってしまいました。
   
   
  
それからチキンバス等を乗り継ぎ、今日の目的地のサンペドロ・ラ・ラグーナへ!
   
こんな軽トラみたいなのにも乗ります。
   
   

     
   
最後にバックパックを持って6キロ歩くという苦行をこなしてなんとか到着!
   
   
   
サンペドロ・ラ・ラグーナはアティトラン湖という湖の湖畔にある小さな街。
   
たくさんの山にも囲まれています。
   
   

   
   
そして、そのアティトラン湖は「世界一綺麗な湖」と言われています。
   
さっそく行ってみると、
   
   

   
  
ほほう。
   
まぁ綺麗だけど、世界一は言い過ぎです。
   
   
と思ってさらに近付くと、
   
   

   
   
汚ねっっっっ!!
   
誰ですか?「世界一綺麗」とか言ったの?
   
でも現地人は泳いでたりしてました。
   
   
    
   
さて、ここサンペドロ・ラ・ラグーナに来たのは超快適と噂の日本人宿に泊まるため。
   
宿の名前はカサ・デ・ナガレ。
   
多くの旅人が絶賛してます。
   
   
  
ナガレ人気の理由はご飯とオーナーであるススムさんの人柄。
   
   
   
僕が着いた日はピザパーティーの日でした。
   
ただのピザパーティーではありません。
   
手づくりピザパーティーです。
   
なんとナガレにはピザ用の窯があります。
   
火を起こして、
  
   

   
   
ピザを焼き続けます。
   
   

   
   
めっちゃ美味しかった!!
   
   
他の日も手巻き寿司をしたり、料理上手の旅人がご飯作ってくれたり、毎日幸せです。
   
   

   
   
食後にみんなでやるトランプも楽しかったな~。
   
   
   
そしてナガレには看板娘がふたり。
   
   

   
   
ナガレちゃんとココロちゃんです。
   
二人とも人懐っこくてかわいい!
   
日本語話せないけど!
   
この二人に会いに泊まりにくる人もいるそうです。
   
   
   
   
  
さてさて、そんな宿に泊まるためにやって来たサンペドロ・ラ・ラグーナですが、ここでやることといえばスペイン語学校に行くか、近くの村を周るくらい。
   
   
僕がナガレには泊まっていた時も、ほとんどの人がスペイン語学校に通っている人でした。
    
僕は学校には行かないので、毎日ひたすら散歩です。
   
この辺りは先住民の文化が色濃く残っている地域なので街中の人はみんなカラフルな民族衣装を着ています。
   
   

   
   
   

   
   
   

   
   
そしてなぜかやたらと凧揚げしてる子供たちがいました。
   
   

   
   
   

   
  
電線に引っ掛かってる凧も多数です。
   
   

   
    
なんでも、メキシコの死者の日にはグアテマラでは凧を揚げるみたいです。
   
   
死者の日っていうのは11月1、2日にある、日本で言うお盆みたいなやつのことです。
  
      
死者の日には祭りがあるので僕はこの死者の日に合わせてメキシコに行きます。
   
詳しくは後日。
   
   
    
隣の村にも行ってみたりしました。
   
ひと山越えて行きます。
  
   

   
   
この村は織物で有名みたいです。
  
   

    
   
糸をつくるところ、織物を織るところなど見せてくれます。
   
   

   
   
   

   
  
染めるのに使うのはこれ。    
   
   

   
   
これでいろんな色を出せるらしいです。
   
グアテマラっぽいショッキングな色じゃなくて淡い色がでます。
  
すげー。
   
ここの織物は100%ナチュラルらしいです。
   
おばちゃん達はチップを請求するでもなくただ見せてくれただけでした。
   
お金があれば買い物して行きたかった。。
   
ありがとう!おばちゃん!
   
   
   
こうしてあっという間にサンペドロ・ラ・ラグーナ滞在も終わり!
   
次はまたメキシコに戻ります!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。