2016/09/24

やっとトロント観光します。それと業務連絡

ハロー!   
   
   
10年来の友人、辻ちゃんの最低限のミッションが終了したところで、いよいよトロントを観光します。
   
トロントの目玉と言えばナイアガラの滝!
    
僕のリサーチによると、カジノバスというバスが最安でナイアガラまで行けるみたいなのでカジノバスを使ってみようと思います。
   
    
カジノバスだと往復20ドル、普通のバスだとだいたい30ドルくらいです。
   
    
    
バスに乗り込んで2時間ほど・・・
    
ほんとにカジノに到着しました!
   
    

    
   
カジノバスはナイアガラの滝に隣接しているカジノリゾートへ向けて運行しているバスみたいです。
   
一応建前ではカジノの利用者以外は乗ることができません。
    
でも確認とかはなかったのでナイアガラの滝目当ての乗客がいることも暗黙の了解になってるんだと思います。
   
   
    
このカジノ、ほんとにナイアガラの滝に隣接してるので、5分ほど歩くと
    
    

   
   
見えたー!滝!
   
    
そして滝の側まで近寄ってみます。
   
    

   
    
    

     
    
おおおおおおおお!!
   
めっちゃでかい!!
   
   
二人で記念撮影もします。
   
    

    
    
まさか辻ちゃんとナイアガラの滝に来ることになるとは・・・
    
たしか中学の教科書にナイアガラの滝出てきてたような気がします。
    
なんだか感慨深いです。
    
    
   
ちなみに辻ちゃんは広角レンズを持っていて、辻ちゃんのカメラで滝を撮るとこんな感じになります。
   
    

    
    
僕のカメラだとこの3分の2くらいしか写りません。
    
街中で撮った写真も見せてくれましたが広角レンズすごいです。
   
   

    
    
    

    
    
広角レンズ欲しい!!
   
でもカメラを買い直した僕にはもちろんそんなお金ありません。。
   
    
    
上から見る滝に満足したところで、滝壺に近付けるクルーズがあるみたいなので行ってみました。
    
一枚目の写真に写ってる船に乗るやつです。
    
    
ものすごい濡れるみたいなのでカッパが配られます。
    
船の上は赤ずきんちゃんだらけです。
   
    

    
   
カッパの厚さに不安がありますが、いざ出航!
    
    
   
まずは小さい方の滝に近づきます。
    
   

    
    
下から見た方が迫力があります。
    
    
そして大きい方の滝へ近づきます。
   
ドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!
    
   

    
   
もう雨です。
   
いや、ゲリラ豪雨です。
     
しかも滝の水は汚くて臭い!
    
どれくらい汚いかというと、こんな公害が発生してるくらいです。
    
    

   
    
そんな水が全身に降り注いできます。
    
    
   
こうしてクルーズを楽しんだ僕たちは、せっかくなのでカジノに行ってみることにしました。
   
   
ネパール以来二度目のカジノ!
   
ネパールのカジノを想像していったら全然違いました。
    
なんかゲーセンみたいな雰囲気です。
    
    

    
   
僕もスロットに挑戦することになりました。
    
賭け金は5ドル(約400円)。
   
僕の一食分にあたります。
    
   
この5ドルに全てを賭ける!!
    
      

    
   
僕の覇気で写真がボケボケになってしまいました。
    
ここで大儲けして、キューバで夢のオールインクルーシブホテルに泊まってやろうと思います。
    
    
    
結果・・・
   
     
    
ものの15秒くらいで5ドルが飲み込まれて行きました。。
    
くそーーー!
    
あの5ドルがあればマック行けた!!
    
   
僕がカジノに来るには10年早かったみたいです。
    
    
    
カジノの雰囲気を楽しんだ後は、日も暮れて来たのでもう一度滝の方に戻ります。
    
夜には滝がライトアップされるらしいです。
    
こんな感じ。
    
     

    
    
    

    
    
可もなく不可もなく、ってのが感想です。
    
こうしてナイアガラの滝は終わり!
    
    
    
滝以外では美術館に行ったりしました。
   
    

    
    
この美術館は水曜の6時以降は無料で入れます。
    
歩き回ってると、こんな作品がありました。
    
    

   
   
人が合わさることでこの作品は完成みたいです。
    
たまにこの人が動き出します。
   
僕にはアートは一生わからないだろうなと思いました。
    
    
    
飽きてきたところで面白そうなものがあったので遊びます。
    
    

    
    
     

    
    
日本だったら絶対やってません。
   
外国だからできるのです。
    
    
他にはブルージェイズのスタジアムを指をくわえて眺めたり、(チケットを取ろうとしたけど一週間前で売り切れてた)
    
    

     
   
行列のできるラーメン屋を発見したりしました。
     
    

    
     
他にもいろいろやりましたが、長くなってきたので省略します。
    
   
    
     
こうして、6日間過ごした辻ちゃんとお別れの時が・・・
    
本当に辻ちゃんと外国で一緒に過ごす日が来るとは思ってませんでした。
   
会えて嬉しかった!
   
カナダライフは最初からトラブル続きみたいですが、辻ちゃんなら楽しんでうまく乗り越えていけるでしょう。
    
6日間ありがとう!
    
ワーホリ頑張れ!
    
来年日本で!!
     
     

    
    
     
さて、僕は今トロントの空港にいます。
   
明日の朝のキューバへのフライトに向けて得意の空港泊です。
    
そうです、次の目的地はキューバ!
    
   
なんでもネット環境があるとか無いとか・・・
    
課金すればWiFiあるらしいですが、せっかくの機会なのでネットを断つことにします。
    
というわけで、3週間ほど更新が途絶えますがご心配なく。
     
社会主義で未知の国、キューバ。
    
楽しんで行ってきます!
スポンサーサイト
2016/09/22

僕がカナダに来た理由

ハロー! 
      
     
     
ヒッチハイクを諦めた僕は、おとなしく夜行バスでトロントにやってきました!
  
到着時間午前3時!
  
この時間のバスが一番安かったんです。。
     
      
        
 
朝までマックで時間を潰します。
     
カナダのマックは24時間営業なのです。
  
最高です。
  
これもう宿要らないんじゃ…?って思いました。
   
   
   
アップルパイ(冷めてる)で6時間くらい粘った後は、フィリピン留学の時の友達と待ち合わせしていたのでそこへ向かいます。
   
   
そもそも僕がこんなに物価の高いカナダに来たのは、友達に会うため!
    
ここトロントには留学していたり、ワーホリで来たりとやたら友達がいるのです。
    
    
フィリピン留学の時の友達はその1人目!
   
半年ぶりの再会です。
   
半年間の留学でトロントに来たものの、最初の一カ月しか学校に行かなかったって言ってました。
   
それ大丈夫なの?って思いましたが、カナダライフを満喫してたみたいなので良かったです。
  
ホームステイ先でいろいろやってたみたいです。
   
韓国料理をおごってもらっちゃいました。
   
   
   

   
    
   
ごちそうさまです!
   
   
ごはんの後に連れていってもらったスーパーで、最近一番の衝撃を受けました。
   
   
   

   
   
   
え!
   
  
   

   
    
    
ええ!!
    
    
   

   
   
    
えええ!!!
   
    
   

   
    
    
ええええ!!!!
   
ここは日本のスーパー…?
  
圧倒的な品揃えです。
    
もうずっと「うわ!これある!」って一人で興奮してました。
   
友達には若干呆れられた目で見られてたけど気にしません。
   
このスーパー2時間はいれます。
    
トロント一の観光名所になるんじゃないかなと思いました。
   
   
    
友達とは今日ご両親がカナダに来るみたいなのでここでお別れ。
   
もう数日後に帰国という忙しい時期なのに時間をつくってくれました。
   
ありがとう!!
  
    
     
そして次もまた他の友達との待ち合わせ場所に向かいます。
    
その友達がこれ。
   
    
   

   
    
    
右側がトロントに留学中の岡部氏。
   
ちなみにトロント滞在中のほとんどは彼の家に泊めてもらいます。
    
そして左側は僕のトロント滞在に合わせてカナダまでやってきた水口氏です。
   
   
どちらも大学のサークルの友達です。
   
   
この写真は自炊で親子丼を作ったときの写真です。
    
アフリカ・タンザニア以来の親子丼チャレンジ!
   
調味料豊富なカナダではあの時の10倍くらい上手くできました。
    
彼らと2日間、近況報告をしたりしてダラダラ過ごします。
   
    
    
そしてついに、あの人がフィリピン留学を経てここトロントへやってきます!
     
宿をとっていたので先にチェックインして待っていました。
    
    
・・・
    
    
あれ?来ないぞ?
    
到着予定時刻を大幅に過ぎても来ません。
     
入国審査でなんかトラブったのかなと思っていると、予定より5時間くらい遅れてフラフラになりながら宿にやってきました。
   
    
     

    
    
    
辻ちゃん!!
    
右側です。
    
僕の髪と顔がやばいのは気にしないでください。
   
    
なんでも飛行機が他の空港に緊急着陸したらしいです。
     
何そのエピソード!!
   
もうこの旅で飛行機に10回くらい乗ってる僕でも経験してません。
     
そのネタちょっとうらやましいです。
     
     
そんな「持ってる」男辻ちゃん、僕の小1だか小2だかからの友達で、今回ワーホリでカナダに来ています。
    
もう10年以上の仲です。
     
まさかカナダで会うなんて、あの頃の僕らは想像もしなかったでしょう。
    
人生何があるかわかりません。
     
     
そんな辻ちゃんと一週間ほどカナダライフを送ります。
     
     
    
合流した次の日、朝からカロリーお化けみたいなワッフルを平らげて辻ちゃんのワーホリ準備に付き合います。
    
    
     

    
     
     
まずは冬の装備をここで整えるか迷う辻本氏。
    
    
    

    
     
     
冬のカナダは極寒です。
    
加えて、冬にはオーロラを見に行くって言ってました。
    
生半可な装備では歯が立ちません。
    
オーロラのすごさを力説しておきました。
      
かなりお得で暖かそうなコートがあったけど今日はパスみたいです。
    
    
そしてお金を下ろしたり、給料の振込みに必要な銀行口座をゲットしにいきます。
     
30分ほどで口座はできたようです。
    
無事口座をつくり、ほくそえむ辻本氏。
    
     
     

    
      
      
完全に悪いこと企んでる顔です。
      
真っ当な仕事をする気があるのか不安に なります。
      
友として彼が道を踏み外しそうな時は全力で止めようと決意しました。
     
      
それから、何やら働くのに必要な怪しげな書類の提出に向かいます。
     
     
    

    
    
     
思っていたより人がいて時間がかかりそうだったので後日出直すことにしました。
     
こんな感じでトロント滞在前半は久しぶりの連続!
    
    
     
最後にトロントの街の紹介を忘れていたのでしようと思います。
    
言うまでもなくトロントは都会です。
     
     
     

    
     
      

       
        
       

      
     
   
さらに、トロントにはあちこちにこいつがあります。
    
    
     

         
   
     
店内の雰囲気も、ホットスナックがある感じも完璧にセブンイレブンです。
    
なんだか日本に帰ってきた気分になります。
    
    
さらにさらに、トロントにはそこら中に日本食屋があります。
     
たこーやき。
     
    
     

     
     
     
どう見てもラーメンなカツ丼。
      
     
      

    
    
     
クオリティは未知数です。
    
友達曰く美味しくないみたいです。
     
     
   
ブログの薄さからもわかる通り、トロントではゆるゆる過ごしてます。
    
日本を出て半年くらい、少し休憩ということで!
       
トロント観光はまた次回!  
    
     
     

    
         
          
あ、改行の仕方友達に相談したら直し方教えてもらいました。
   
これで少しは見やすくなってるはず!
   
今までの分も少しづつ直していこうと思います。
2016/09/19

カナダで(完全な)裸の付き合いをする

ハロー!  
   
   
この冒頭のあいさつ、その国のこんにちはを使ってるんですけど、なんかハローって言うの新鮮ですね。
  
   
  
そうです!
  
やってきました英語圏!
   
人生初のアメリカ大陸上陸です!
   
   
    
アイスランドからのフライトで到着したのはカナダ・モントリオール!
    
   
ですが実はモントリオールは公用語がフランス語みたいです。。
   
マックとか入るとハローじゃなくてボンジュールって言われます。 
   
    
   
さてさて、カナダに着いて最初に思ったことは、
   
「こ、これが先進国か・・」ってことです。
   
   
今までの南アフリカ、いやスペイン・ポルトガルすら霞んで見えます。
   
    
    
もう空港でやられました。
   
だって空港が輝いてました。 
   
     
              
    
    
    
トイレにだって荷物を引っ掛けるところがあるっていうさりげない優しさが見えます。
        
    
    
 
    
      
    
こういうところが先進国だなーって思います。
    
  
   
街並みだってこの通り、 
    
   
   

    
    
     

      
  
     
もう今までとレベルが違います。 
   
軽くカルチャーショックです。
     
ずっとビルを見上げながら歩いてました。
   
    
   
ていうか僕の格好完全にこの街から浮いてます。
   
早くもこの国から逃げ出したくなりました。 
   
    
   
そんなモントリオールで僕が泊まるのはここ!
   
   
    

   
    
    
 普通の家です。
    
つまりカウチサーフィン再びです。
   
家の中はこんな感じ。
    
   
     
   
   
   
イラン以来二度目のカウチサーフィン。
  
前回はホントに良い体験をさせてもらいましたが、今回のカウチには少し不安があります。
    
それは・・・
   
   
   
家主のおっちゃんが裸族ってこと。
    
   
そして、この家にいる間は裸にならなければいけないってこと。 
   
若干笑えないやつです。
    
    
    
なんでこの家を選んだのかというと、カウチサーフィンには宿泊先の見つけ方が2つあるんですよ。
   
   
    
一つが、「家に泊めてください!」ってメッセージを直接送る方法。
   
もう一つが、「この期間でその街に行きます!」ってお知らせをして、ホスト側からの「うちにおいで!」っていうメッセージを待つ方法。
    
    
   
僕はイランでもモントリオールでも後者の方法を使いました。
    
モントリオールは宿が高いんで、ホスト見つかったらラッキーだな~くらいに思ってたら、裸族のおっちゃんからメッセージが!
    
多少不安を感じながらも、タダで泊まれるならってすぐに泊まる約束しちゃったんですね。
   
結果的にはその後も2件くらい「泊まっていいよ」っていうメッセージもらったんですけど・・・
   
    
    
まぁまぁ、もう泊まるって言っちゃったんで覚悟をして行きましたよ。 
   
到着してインターホンを鳴らすと、おっちゃんが顔だけ出して家に招き入れてくれました。 
   
   
    
「あー。おっちゃんまじで全裸や。」
    
    
   
他にも泊まってるブラジル人とかもいたんですけど、もれなく全員全裸。
    
   
   
家の中の説明とか受けた後におっちゃんが一言。
   
   
「じゃあ脱ごうか。」
   
   
まぁね、僕も覚悟していったんでバチッと脱いでやりましたよ。 
   
「温泉みたいなもんだ。温泉みたいなもんだ。」って自分に言い聞かせながら・・
   
   
   
結果的にはおっちゃん僕の延泊のお願いにも応じてくれたし、すごく良い人でした。
   
それにこんな経験なかなかできないだろうし。
    
   
   
 
   
そんなモントリオールでは、おっちゃんのアドバイスをもとに観光しました。
   
まずはオリンピックスタジアム! 
   
   
   
 
   
   
  
モントリオールオリンピックっていつだったんだろう?って疑問とともに公園内をぶらぶらします。
   
当時の出場国の旗があったり、
   
    
    

   
    
   
メダルを獲得した人の名前が刻んでありました。
   
   
    
   
    
   
日本人の名前もしっかりありましたよ。 
   
このスタジアムを見て、「東京オリンピック、新しいスタジアムとかいらないな・・」って思いました。
   
一応観光名所みたいになってるけど人は全然いないし、スタジアムも使われてる感じしないし。
   
なぜか絶賛工事中だったけど。
   
   
   
それからは街の観光スポットっぽいところを巡りました。
   
   
お決まりの教会や、 
   
    
   
 
   
    
    
良さげな建物がたくさんあります。 
  
  
   
   
  
   
 
   
   
   
ビル群もあるのに、その中にこうやって古い建物が残ってるのがすごいなーと思いました。
   
   
   
夜景も見に行きました。 
   
一応公園とはなってるけど、真っ暗な山道を歩くこと30分くらい。 
   
   
   
 
   
    
   
久しぶりに、「これぞ夜景!」ってやつを見ました。
   
やっぱり夜景はきれいです。
    
    
    
そしてそして、カウチサーフィンを通じてメッセージをくれた人と晩ご飯を食べることになりました。
   
カウチサーフィンでは、「うちにおいで」だけではなく、「泊めることはできないけど、案内してあげるよ」っていうメッセージもちょくちょく来ます。
   
    
    
今回会ってくれるのはスイス人のルーシー。
   
カナダに留学中らしいです。
   
モントリオール名物を食べさせてあげる、って言われて出てきたのがこれ。 
   
    
    
 
   
    
   
大量のポテトにスペシャルなソースがかかってます。
   
名前は忘れました。
   
えげつない油の量です。
    
    
  
僕は日本を出てからポテトが大好きになったのでかるーく完食しましたが、当のルーシーは残してました。
   
ルーシーは日本に2回も来たことがあるそうです。
   
お好み焼き大好きって言ってました。
    
   
   
次に会えるのは日本かな? 
   
ありがとう!ルーシー!
    
   
   
 
   
   
   
もう終わりっぽい雰囲気ですがまだ終わりません。
   
   
   
僕がアイスランドで空港までヒッチハイクをしたことは記憶に新しいと思います。
   
そして僕の次の目的地はトロント。 
   
モントリオールからは500キロくらいの道のりです。
   
ここはカナダなのでもちろんバス代は高い・・・
   
そんな時一筋の光が!
   
   
   
「あ。ヒッチハイクすればいいじゃん。」
   
   
   
閃いてしまいました。
   
この柔軟な発想力が僕の売りです。
   
500キロくらいなら2日あればいける気がします。
   
    
   
二泊させてもらった後、おっちゃんにお礼を言ってヒッチハイクに繰り出しました。
   
おっちゃんによるとカナダではハイウェイでのヒッチハイクは違法らしいのでハイウェイの入り口で待つことにしました。 
   
   
   
 
   
    
   
待つこと4時間くらい・・・
    
   
  
止まんねぇぇぇぇぇ!!!
   
    
   
アイスランドではサクッとできたので余裕だろとか思ってましたが全然止まってくれません。 
   
止まる気配すら見せてくれません。
   
原因はわかってます。 
   
たぶん場所が悪いです。 
   
止まるの難しそうな感じですもん。 
   
   
でもこのヒッチハイクポイントも2時間くらい歩いてようやく着いたところです。 
    
次の良さそうなハイウェイの入り口は地図を見ると8キロ先・・・
   
    
   
無理や…諦めよう……
   
   
   
なぜか心がボキッと折れてしまった僕は、恥を忍んでおっちゃんの家に戻りもう一泊させてもらって次の日の夜行バスでトロントへ向かうのでした。。
2016/09/16

アイスランド番外編~アイスランドで人生初のヒッチハイクしてみたら~

ゴウザン ダイイン!
   
   
   
みんなと別れた僕はトイレあり、WiFiありのハイパー快適バスターミナルで一夜を明かしました。
   
   
誰かと一緒にいたあと、急に一人になると寂しい。。
       
ですがこれも一人旅の宿命!
   
張り切ってレイキャビク観光しようと思います。
   
というのも、たしか飛行機を取ったときの僕はどうせならレイキャビクも観光したいし・・くらいに思ってたはずなのです。
      
ですがこの日はあいにくの空模様、、
    
でもでも、バスターミナルにいても仕方ないので外へ出ます。
    
まずは教会へ!
   
   

   
   
アイスランドの教会は今までとは違うデザインのような気がします。
   
中にはイケてる巨大パイプオルガンと、
   
   

   
   
普通のパイプオルガンがありました。
   
   

   
   
そういえばこの教会もパイプオルガンみたいな形してます。
   
   
   
レイキャビクの街はカラフルだし、良い雰囲気です。
   
   

   
   
   

   
   
   

   
   
こんなに寒くなければポルトを超えて住みたい街ランキング1位になるところでした。
   
こんな家に住んでみたいです。
   
   

   
   
海沿いを歩いていると、船のモニュメントがあったり
   
   

   
   
コンサートホールみたいな建物がありました。
   
   

   
   
サクサクのフリーWiFiを楽しんでいたら日本のツアー客が来ていて、デザインがどうのと話していたので有名な人が設計したんだと思います。
    
言われてみると中もなかなかおしゃれです。
    
   

   
   
さぁ…レイキャビク観光終わってしまった。。
   
あと30時間くらいどうしよう。。
   
   
   
とりあえず落ち着くためにレイキャビク1大きいショッピングモールに行ってみました。
   
   

   
   
だけど割と店閉まり気味です。
   
   

   
   
日曜だからかな?
    
庶民の味方ボーナスで食料を買って一人作戦会議を開きます。
    
    

    
    
ポクポクポク・・・
     
    
   
あ、そうだ!
    
空港までヒッチハイクしよう!
    
実はレイキャビクから国際空港までは50キロくらい離れていて、バスに乗ると2200円くらいかかるという事実が朝発覚したのです。
     
上手くいくかわかんないし、今日ヒッチハイクしてみてダメだったらバスに乗ることにしました。
    
   
   
初めてのヒッチハイクだったので、おにぎりのあの人にアドバイスを求めると、
   
「諦めないことやな。」
    
って言われました。
   
安西先生も似たようなこと言ってたな…
   
    
   
その言葉を胸に刻んでいざヒッチハイクへ!
    
地図を見て、空港に向かう車が通るであろう道まで歩きます。
     
小雨が降っていたので、雨が防げそうな場所を見つけてヒッチハイクスタート!
    
    

   
   
親指とエアポートと書いた紙を掲げて立ち尽くします。
     
   
1時間経過……
    
    
全然止まってくれない!!
    
てか、
     
寒っっっっっっっ!!!
   
この日のレイキャビクの気温は9度。
   
    
それでもさらに1時間ほど立っていると、チャリンコのおばちゃんが通りかかりました。
    
「あなた!そんなところじゃ無理よ!車が止まれないじゃない!」
    
あ。。たしかに。
      
僕も薄々、場所が悪いんじゃないかと思ってました。
     
    
    
おばちゃんのアドバイスを受け、場所を変えて再スタート!
     
すると、10分後
    
キュキューーー。
     
え、、
     
止まった!!!
     
一台の車が止まってくれました。
     
オーロラ見た時並みの感動を覚えます。
    
    
話すと、エアポートまでは行かないけど10キロ先くらいまでなら乗せていってくれるみたいです。
    
僕は考えました。
     
    
「そこまで行って、もし車が捕まらなかったら戻れないし空港にも行けないな…」
      
   
そう思った僕は、僕の語彙力で出来る限りお礼を言ってお断りさせてもらいました。
     
しかし、断ってからめちゃめちゃ後悔しました。
    
せっかく乗せてくれるって人がいたのに…
     
次に止まってくれた人の車には行き先がどこでも乗ることを決めます。
     
   
それからまた10分くらい・・
    
     
また止まってくれました!
     
このおじさんも10キロ先までならと言うので、ありがたく乗せてもらうことにしました。
     
どうやら2時間前に反対車線で僕のことを見かけたみたいです。
     
友達が日本のアイスランド大使らしいです。
    
10キロぐらい進んでお別れ。
     
     

     
    
良い笑顔です。
     
     
そしてヒッチハイク再開することものの5分…
   
   

    
    
またまた10キロ先までならと乗せてくれました。
     
ここまで来ればあとは空港行きの車しかいないのですぐ捕まるよ!と教えてくれました。
   
   
またまたヒッチハイク再開!
    
すると5分くらいで、
   
    

    
    
空港まで乗せていってくれることになりました。
    
このお兄ちゃんはリトアニアからの移民で、まだアイスランドに来て1年くらいだそう。
    
僕が言うのもなんだけど、英語もあまり上手じゃないアイスランドで生活していくの大変じゃないのかな?
    
でもアイスランドはリラックスできる良いところって言ってました。
    
     
   
そして空港到着!!
   
   

    
   
計3時間、3台の車に乗せてもらいました。
     
夕焼けがきれい、
    
    

   
   
水たまりすらきれいです。
   
    

   
    
こんなにスムーズに行くとは思ってなかったので、フライトの時間まであと24時間あります。
    
ヒマだ。。
     
でも空港はWiFiサクサクで快適だし、ブログも書いてなかったので丁度良かったです。
    
    
    
というわけでちょこっとアイスランドヒッチハイク旅終わり!
    
アイスランド編も終わりです!
     
     
アイスランドでヒッチハイクしてわかったことは、「人って優しい!」。
   
ヒッチハイクって人の好意に100%甘えることだし、あんまりよく思わない人もいると思います。
    
でも僕はそれでいいと思ってます。
     
受けた優しさは僕が日本に帰ってから必ず返します!
    
    
    
というわけで、次は人生初のアメリカ大陸、カナダへ行ってきます!
     
やっとフライトの時間だ。。。
2016/09/15

アイスランドDAY4,5,6~まだまだてんこ盛りだよアイスランド~

ゴウザン ダイイン!
    
   
   
アイスランド4日目。
   
この日は大雨、強風の悪天候。
   
   

   
   
   

   
   
ここまでは天気に恵まれてましたが、アイスランドは基本天気の悪い国なのです。
   
フィヨルドとかあったのですが、何も見えず観光もできないってことで3時頃宿に着きました。
    
3日目はこれで終わりです。
   
こんな日もたまにはあります。
   
今日は移動日ってことで!
    
むしろあまり観光スポットのない日が大雨の日でよかったです。
    
   
   
そして迎える5日目。
   
この日が一番見どころの多い日だったのですが、前日の予報は雨。。
   
てるてる坊主を作っておいて朝目覚めると、なんとか天気はもちそうです。
    
まず最初に見るのは氷河!
    
   

   
   
人生初氷河です。
   
氷河と言っても、ここは氷河が溶けて大西洋に流れ込んでいくスポットらしいです。
    
   

   
   
この寒い中、ウェディングドレスを着て撮影している人たちがいました。
   
    

  
   
見てるだけで寒かったです。
   
この辺りには大きな氷河があるので、道を走ってるだけで氷河を見つけることができます。
   
これが溶けてない氷河です。
   
    

   
   
次の目的地に着く頃には天気が回復してきました。
    
   

   
   
ここでは、パフィンというアイスランドの鳥を見に行くつもりだったのですが、道がなくインフォメーションのスタッフもいなかったため断念。
   
   
切り替えて次に進みます。
   
   
観光地が集まっているので車で30分ほど走り、こんなところを登っていきます。
   
   

   
   
下に見える2本の川はたぶん氷河の溶けた水が流れ込んだ川です。
    
歩くこと30分ほど・・
   
   

   
   
お目当のカクカクの滝です。
   
さらにさらに、別方向に40分ほど歩くと
    
   

   
   
   

   
   
氷河を間近で見ることができます。
   
このちっさいのが人ですからね。
   
   

   
   
氷河がどれだけでかいかわかると思います。
   
道の途中には滝がありますが、そろそろ普通の滝ではみんなビクともしません。
   
   

   
   
日本だったら間違いなく観光地です。
   
   
まだまだ続きます。
   
次の目的地はここ!
   
   

   
     
モコモコの大地!
   
見渡す限りこのモコモコが続いています。
   
これの正体は苔で、通称モコモコと呼ばれています。
   
   

   
   
アイスランドに来る人で知らない人はいません。
    
だってこれすんごいモコモコなんです。
   
どれくらいモコモコかというと、
    
   

    
   
踏むとこれくらい足が沈み込みます。
    
一通りモコモコの上ではしゃぎ、モコモコとの別れを惜しみながらも次に向かいます。
    
次はこれ!
   
   

   
   
こうして見るとただの滝のようです。
   
アイスランド5日目の僕たちはもうこれくらいじゃ少しも心は動きません。
   
しかしこの滝のすごいところが
   
   

    
   
裏側に入れること!
   
すごくないですか?
   
裏側からだとまた違った迫力があります。
   
   

   
   
   

   
   
こうして5日目終了。
  
   
そしてついに最終日!
   
こんなどこもかしこも絶景の広がる道ともお別れです。
   
   

   
  
早かった!!
   
最終日にはメインイベントが控えてます。
   
まだメインあるのかよ!って感じです。
   
   
地熱発電所であろう建物をチラ見して、(アイスランドでは電力のすべてを自然エネルギーでまかなってるらしいです。)
   
   

   
   
ついたのがここ!
   
   

   
   
ブルーラグーン!
   
このブルーラグーン、世界最大の温泉らしいです。
    
まじで広かった!
   
船橋海浜公園の流れるプールと同じくらいあるんじゃないかくらいでかいです。
   
外から見るとこんな感じ。
   
   

   
   
ここでは泥パックも無料でできます。
   
残念ながら中の写真はありません。
    
あ、入るときは水着着用です。
    
日本人としては温泉は裸で入りたいところです。
    
   
きっとこれがこの旅最後になるであろう温泉を堪能してから、首都レイキャビクに向かいます。
    
レイキャビクの街もやっぱりおしゃれです。
   
   

   
   
そしてここレイキャビクで、みんなの欲望が爆発します。
   
   
「最後くらいちゃんとしたもの食べない?」
    
   
みんな「最後くらい」という甘い言葉にそそのかされ、レストランを探すことにしました。
   
入ったのがここ!
   
   

   
    
こんなところこの7ヶ月で一回も入ったことありません。
    
   
アイスランドといえばサーモンみたいなので、サーモンを注文します。
    
みんなでワクワクしながら待っているとサーモン降臨です。
    
   

   
   
これいくらだと思いますか?
    
    
   
・・・・・
   
    
   
そのお値段、なんと約5000円!!
    
たった一品ですよ?
    
メニューを見たとき禿げるかと思いました。
    
後にも先にもこの旅でこんな贅沢をすることはないでしょう。
    
   
しかも僕はこの後レイキャビクで2泊するのですが、どっちもバスターミナルと空港で寝てますからね。
    
こんなん食べるなら宿泊まれ!ってなります。
   
でもいいんです。
    
宿代を削ってサーモンを食べたのです。
   
    
   
こうしてみんなとのアイスランドレンタカー旅は終了!
    
僕の宿泊予定先であるバスターミナルまで送ってくれてお別れしました!
     
お別れのときの写真撮ればよかった・・・
    
     
僕は何を血迷ったのか、2日後の夕方の飛行機を取ってしまったのであと2日アイスランドにステイです。
     
というわけでアイスランド編、もう一回だけ続きます!
2016/09/14

アイスランドDAY2,3~アイスランドを語るのに言葉はいらない~

ゴウザン ダイイン!
  
   
  
アイスランド2日目は綺麗な虹で始まりました。
  
   

  
   
虹の麓って初めて見ました。
  
しかも両足! 
   
朝からさすがです、アイスランドさん!
   
   
   
今日も車でビュンビュン行きます。
   
   

   
   
アイスランドはどこを撮っても絵になります。
   
   

   
   
なんだこの国……!
   
   
   
そんなアイスランドですが、欠点が一つ。。
  
それは物価が異常に高いこと!
    
立ち寄ったガソスタの売店で一個約750円のゆで卵を見たときは吐きそうになりました。
   
それくらい物価が高いです。
    
   
なので僕たちは食事はスペインで買い込んできた米やパスタで自炊をしています。
   
   
そしてそんなアイスランドの中でも唯一お得な値段で買い物ができることで有名なスーパーがこれ。
   
   

   
   
きもかわいい、いやらしい目つきの豚がシンボルマークです。
   
入ってみると確かに安い!
   
普通はコーラ500mlで300円くらいですが、ボーナスでは120円。
   
ボーナスがなんでこんなに安いのかは永遠の謎です。
   
   
   
さて、車を走らせること数時間、なんだなおしゃれな雰囲気の町にたどり着きました。
   
   

   
   
   

   
   
こんなおしゃれな町ですが、きもくて怖すぎるやつらがいました。
    
   

   
   
きっとこの町の守り神です。
   
こんなおしゃれな町を散策した僕たちに待っていたのは駐車違反の罰金でした。。
   
    
   
それからは昨日に引き続き滝を見て、この日は終わり!
   
   

   
   
あれ?2日目薄いな?と感じますが、気にせず3日目に突入します。
   
   
3日目最初に訪れたのは湖!
   
   

   
   
近くに火山があるタイプの湖なので、日本でいうと河口湖的存在だと思います。
    
   
ていうかアイスランド水面に気持ち悪いぐらい空が映ります。
   
   

   
    
それからは火山に向かって進み、
   
   

    
    
こんな斜面を登ると、
    
   

   
   
火口が見渡せます。
    
    
  
   
   
上からの景色も良しです。
   
   

  
   
アイスランドは火山活動の活発な国でもあるので、外国では珍しく温泉があります。
    
写真はありませんが温泉に寄って、半年ぶりに湯に浸かってから、やたらもくもくしてるところに行きました。
    
   

   
   
 めちゃめちゃ硫黄くさいです。
   
   

   
   
フシューーーーと煙が常に吹き出てる謎の岩がありました。
   
    

    
    
それからはまたまた滝を見て、
   
   

    
    
   

    
   
景色を楽しみながら車を走らせて
    
    

    
    
   

   
   
   

   
   
今日の宿に到着!
   
今日の宿もコテージタイプです。
   
   

   
   
そしてこの日もオーロラを見ることができました。
   
   

   
   
   

   
   
   

   
   
なんかブログではサクッと終わってしまいましたが、アイスランドは毎日濃密です!
2016/09/13

アイスランドDAY1~初日から感動の連続~

ゴーザン ダイイン!
 
 
   
バルセロナからこれまたみんなで向かうのはアイスランド!
   
レンタカーを借りて6日間のレンタカー旅をします。
    
アイスランドは公共交通機関があまりないので、レンタカー旅がお得らしいです。
   
    
        
スペインともいよいよお別れ!
    
スペインの空港でマックに行くとこんな看板を発見しました。
     
    
    

    
    
    
ビール!!
    
どうやらスペインのマックではビールが飲めるみたいです。
     
前からマックで、「あれ?あの人が持ってるのビールじゃない?」って思ってました。
     
でもまさかホントにビールだったとは・・・
     
さすが情熱の国スペインです。
    
    
    
バルセロナから5時間ほどのフライトでアイスランド到着!
     
到着は深夜だったので、空港で朝を待ちます。
     
     
ていうかアイスランドの空港、空港泊してる人の数が尋常じゃないです。
     
そこら中に人が転がってます。
    
     
    

    
    
    
これは帰りの空港で撮った写真なんですけど、これの5倍は寝てる人いました。
     
    
    
さてさて、明け方になると空港にレンタカー屋のおっちゃんが現れ、少し移動です。
    
明け方の空がめっちゃ綺麗でした。
    
    
   

    
    
    
アイスランドへの期待が嫌でも高まります。
   
    
そして車を借りて、6日間のレンタカー旅スタート!
    
    
     

     
    
    
最初の目的地に向かっていると日の出の時間です。
    
    
    

    
    
    
空気澄みすぎです。
   
空気が澄んでいるからかわからないけど、飛行機雲がこれまで見たなかで一番長いです。
    
     
    

      
       
    
そして一番初めに着いたのがここ!
       
       
    

   
    
   
ここには、
    
    
      

   
    
   
どでかい間欠泉があります。
   
しかもこの間欠泉、この規模なのに5分に一回は噴き出るのです。
    
この間欠泉より大きなものが隣にあるのですが、そっちが噴き出る頻度は高くなく、見るのはなかなか難しいらしいです。
   
   
   
近くに丘があったので登ってみました。
  
    
    

   
   
   
これが絶景ってやつですか?
     
アイスランド始まって2時間で来て良かったと心の底から思いました。
    
    
でもこんなの始まりに過ぎません。
   
次はここ!
   
   
   

   
   
   
車を停めて歩くこと10分くらい・・
   
   
   

   
   
   

    
  
    
行く前は、「ヴィクトリアの滝見てるし、そんな大したことないでしょ!」なんて思ってました。
   
だけどヴィクトリアの滝とはまた少し違った感じですごいのです。
     
大地が裂けてる感じ、そして何よりアイスランドの青い空と緑の大地とのコラボレーションによって滝が映えるのです。
   
うまいこと言ったと思ってます。
   
    
    
まだまだ進みます。
   
   
    

   
   
   
今日は初日にしてゴールデンサークルという、アイスランド屈指の見所が集まるエリアに行く日なのです。
   
   
地球の割れ目を歩いたり、
   
   
     

    
  
   
良さげな教会があったりしました。
   
   
    

   
   
   
こうして今日の宿の近くの町に着きました。
   
町の雰囲気もまたステキです。
   
    
   

   
   
    
今日の宿もまたステキです。
    
    
   

   
   
   
もう最高すぎる!!
   
   
コテージタイプの宿にみんなで泊まります。
    
まだ少し時間があったので、宿の周りを散歩しました。
   
   
   

   
   
    

   
   
   
晩御飯を食べて、オーロラ予報なるものを見てみると「レベル5・ハイ」の文字が!
   
そうです、アイスランドでは9月頃からオーロラの観測ができるのです。
   
オーロラは北の方角に現れやすいらしいですが、北のほうには雲はありません。
   
これはチャンス!
   
まさか初日にして早くもオーロラが見れるかも!!
   
   
    
日が暮れてから、オーロラ探しを始めます。
   
ちなみにアイスランドのこの時期の気温は昼で10度くらい。
   
この日はさらに風が強かったのでめちゃめちゃ寒かったです。。
   
   
    
オーロラを探す方法は、空に向けてシャッターを切り、先にカメラで見つけてから目で見つけるようです。
   
目よりもカメラのほうが光を集めやすいのです。
    
   
さっそく北の方角に向けてシャッターを切ってみました。
   
すると、
   
   
   

   
    
   
ああああああああああ!!
   
うっすらと緑の物体が!!
   
これオーロラじゃない!?!?
   
   
   
オーロラは最初白い幕のような感じなので、雲のようにも見えます。
   
急いでみんなに教えてあげて、もう一枚撮ってみます。
   
   
   

   
   
   
ほら!!やっぱりあれオーロラだよ!!
   
もうテンションMaxです。
   
みんなで凍えながら空を見続けます。
   
   
すると、さっきまで雲のように見えていた幕がユラユラし始めて、次々に現れては消え、大きく広がっていきました。
   
   
さらに、北だけではなくあちこちがユラユラし始めます。
   
   
   

   
   
    

   
   
    
うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
   
よくオーロラのことをカーテンみたいと言いますが本当にカーテンみたいでした。
    
もう夢のようです。
   
   
でも実は肉眼だとここまで緑色じゃないです。
   
緑っぽいな~くらいです。
   
   
   
アイスランドでオーロラ見れればいいなぁなんて思ってましたが、本当に、しかも初日にいきなり見れると思ってませんでした。
   
神様にありがとうと100回くらい言いました。
   
   
   
アイスランドは出発したときは来るつもりではありませんでした。
   
人数集まるかわかんないし、物価高いし、そもそも僕国際免許持ってないし。
   
あ、僕以外は全員国際免許取ってきてくれました。
   
   
   
しかし、みんなに声をかけてみたら来るって言ってくれてアイスランドに来ることができました。
   
もう初日から大満足です!!
2016/09/12

サ「グ」ラダファミリアって言いづらくないですか?

オラー!
   
    
    
リアルタイムはアイスランドでのレンタカー旅を終え、諸事情により24時間の空港待機を強いられてるところです。
    
    
    
アイスランドすごかったです。
   
みんなといるのは楽しかったです。
     
今はその反動でめちゃめちゃ寂しいです。
    
寒いし……
    
    
    
そんなことは置いておいて、ブログは一週間ほど前まで遡ります。
    
    
   
バレンシアからはそのままみんなでバルセロナに移動します。
    
一人では絶対乗らないであろう新幹線みたいなやつに乗るみたいです。 
    
    
バレンシアの駅までの道を僕が間違えてみんなをダッシュさせるというミスを犯しましたが無事バルセロナ到着です。     
    
新幹線はめちゃめちゃ快適でした。
     
     
宿に到着した僕たちはとりあえず散歩に出かけます。
     
広場に行って
    
    
    

    
    
    
バルセロナ大学、通称バル大に忍び込んできました。
    
バル大おしゃれ過ぎです。
    
     
     
 
     
     
     

     
      
     
大学がこれだったら、たぶん毎日大学行ってました。
    
    
そうしているうちに、お腹も空いてきたので晩御飯を食べに行くことにしました。
     
地球の歩き方によると、美味しいタパスが食べられる店がこの辺にあるらしいです。
     
ガイドブックを使う旅行もなかなか新鮮でいいです。
      
     
そして、一人では絶対いかないであろうお店に入ります。
     
       
    

     
      
     
肝心のタパスの写真は忘れました。
     
気が付いたらタパスは消え去ってました。
       
    
    
その後は僕のナイスな提案で夜のサグラダファミリアを見に行くことに!
     
予約自体は翌日しているのですが、夜も見ておきたかったのです。
      
    
サグラダファミリアに向かって歩いていると、突然その姿を現します。
      
    
     

     
    
    
で、でかい!
    
想像の1.5倍くらいでかいです。
     
デザインが凝りすぎてて逆に不気味です。
      
鏡張りサグラダファミリアも見れます。
    
     
    

    
    
    
帰りにはなんだか良さげな門がありました。
     
    
    

     
    
    
翌日はいよいよサグラダファミリアの内部に入ります。
    
   
サグラダファミリアに向かう途中、他のガウディの建物がありました。
    
    
    

    
    
    
昼のサグラダファミリアは夜とはまた違った雰囲気です。
    
    
     

     
    
     
昨日は暗くて見えなかったところもありました。
    
     
     

   
     
    
予約してあるのでスムーズに入場できます。
     
予約してないととんでもない時間並ぶことになるらしいです。
     
     
     
内部がまたすごかった!
     
     
     

    
     
    

    
    
    

   
    
    
綺麗すぎ、柱多すぎです。
   
やっぱガウディすごいです。
   
僕のお気に入りはここ!
    
     
    

     
    
    
なんでここだけ光がこんな風に入ってくるんだろう?
    
     
このサグラダファミリア、未完成であることで有名ですが、技術の進歩であと数年で完成するそう。
     
なんでも、こんなに時間がかかる理由は、内部のつくりが精巧だかららしいです。
    
たしかに丁寧に作り込んであるな~と思って裏側に回ると、
    
    
    

    
    
    
ん?あれ?どうした??
    
裏側だと思って手抜いた?
    
やっつけ仕事感がものすごいです。
      
僕でもこのくらいだったらできる気がします。
    
きっと天国のガウディは怒り狂ってると思います。
    
   
    
地下っぽいところには博物館みたいなのもあります。
    
そこにガウディの前任者が設計したオリジナルのサグラダファミリアの模型がありました。
    
    
    

    
    
    
今のサグラダファミリアと違いすぎ!!
    
ガウディは前任者の意向はガン無視したみたいです。
    
前任者のプライドはバッキバキだったでしょう。
     
   
   
他にはヨーロッパにありがちな教会を見に行ったり、
     
    
   

    
    
    

    
   
    
日本で言うとラジオ体操的な、スペインのおじいちゃんおばあちゃんのエキササイズを見学したり、
    
    
   

     
    
   
ピカソ博物館に行ったり、
    
   
   

    
   
   
これまた一人では絶対入らないであろうおしゃれスイーツを食べにいったりしました。
    
    
   

   
   
   
こうしてバルセロナの滞在は終了!
     
やっぱりみんなでする旅行は楽しいです。
2016/09/09

トマト!とまと!トマト!

オラー!
        
    
    
ポルトからは飛行機でまたスペインに戻りました!
    
   
到着したのはバレンシア。
     
バレンシアにはあの「トマト祭り」に参加するためにやってきました!
    
     
インドのホーリー以来、2度目のお祭りです。
    
    
僕は出発前からトマト祭りに行くことは決めていました。
    
基本的にイベントに合わせてルートも決めています。
     
   
    
トマト祭りには、日本からやってくる大学の友達と一緒に参加します。
    
半年ぶりの日本の友達との再会!
     
頼んでいたふりかけなどの救援物資とともに、新しいカメラを持ってきてもらいました。
      
やっとiPhoneの写真卒業です。    
    
     
    
みんなと合流した次の日、まずは市場を観光しにいきます。
    
     
   

    
    
    
スペインと言えば生ハム、生ハムと言えばスペインなのでそこら中で生ハムのブロックを売ってます。
     
     
     

      
       
     
さらに教会も観光してから、
    
     
     

      
      
     

     
     
     
明日のトマト祭りの準備にとりかかりました。
     
     
トマト祭り自体は翌日ですが、前夜祭もあるので前日入りして参加します。
    
   
あ、トマト祭りはバレンシアではなく、バレンシアから1時間くらい離れた小さな町で行われます。 
     
     
    
みんなで白いTシャツ(僕だけタンクトップ)にそれぞれ好きな絵を描いてオリジナルTシャツをつくり、
     
     
    

     
     
     
いざ会場へ!
      
    
前夜祭は地元の人が中心みたいで、町の人全員外に出てるんじゃないかくらい賑わってました。
       
写真はありません。
     
町を一通り練り歩いて、この日は公園で 就寝。
      
      
     
そしてトマト祭り当日。
     
    
     

    
     
    
ものすごい人です。
     
そしてものすごい数の日本人です。
    
久しぶりにこんなにたくさんの日本人を見ました。
     
    
そしてたくさんの旅人がきています。
   
今までに会った人との再会ラッシュです。
    
トマト祭り自体よりこっちのほうが楽しかったりします。
        
    
    
トマト祭りは11時頃から。
    
僕の気合いは十分です。
    
     
    

     
     
    
ちなみに背中には一球入魂の文字を背負ってます。
     
何をかくそう、僕は小学3年生から野球をやってきているのです。
     
この日のためと言っても過言ではありません。
     
     
全員血祭り、いやトマト祭りにあげてやる!!!
     
     
頭に装着してる羽は前夜祭で地元のおっちゃんにもらいました。
    
     
    
一応始まる前にみんなでビフォーの記念写真を撮っておきます。
    
    
    

    
     
     
そしていよいよトマト祭り開始!
     
オ~レ~オレオレオレ~の声とともにトマトを積んだトラックがやってきます。
     
そして、
     
    
     

    
     
     

      
     
    
こんなんになります。
    
トマトの海です。
     
ほんともう訳わかんないです。
      
たぶん一生分のトマト見ました。
    
      
    
欧米人とかは、ほんとにもうおかしくなっちゃったの?ってくらいのはしゃぎ方です。
      
     
あとインド人!!
     
意外なことに、あいつらこんなところにまでいます。
      
インド人は遊ぶときは大人でもアホみたいにはしゃぐので、それはもう大変なことになってました。
     
     
    
そしてトマト当たると痛い!
    
公式ルールでは潰してから投げましょうってなってますが、守ってる人なんて一人もいません。
     
    
最後のほうは、まだトラック来るのかよ!!って思ってました。
      
1時間ほどでトマト祭り終了!
     
ほんとにトマト祭りクレイジー過ぎました……
    
アフターはこうなります。
     
    
         

     
    
    
参加するのは一回でいいや。。
2016/09/07

やっぱり曇りより晴れが好き

ボア タルジ!
     
    
   
スペインとかポルトガルって地中海性気候なので、基本晴れてます。
    
空気も乾いて過ごしやすいです。
   
日本もこんな気候だったらいいのにって思います。
    
    
ですが、この日はあいにくの曇天。
   
    
    

    
    
    
明け方雨も降ったみたいで、干してあった洗濯物がびしょびしょになってました。。
    
    
    
こんな日にポルトから行く街は一つです。
    
     
    
ポルトから電車で2時間。
   
ものすごい田舎臭がする無人駅にたどり着きました。
   
    
    

    
    
    
ここで合ってるのか不安になりましたが、どうやらここが目的地みたいです。
    
何組か親子連れがいたので、その人達が向かう方向に一緒についていってみました。
    
    
   
すると、
   
     
    

   
   
    
あった!ありました!
    
階段も無駄にカラフルです。
    
    
    

    
    
    
アゲダという街では、7月から9月までスカイプロジェクトとかいう名前でこうやって傘を飾ってます。
    
   
最近ネットとかでよく見るので、僕も楽しみにして行きました。 
    
しかし、行ってみると案外しょぼい……
    
商店街の一角にだけ傘があるだけで、傘があるエリアはそんなに広くありません。
    
    
しかも今日は日が出てないので色があんまり映えない・・・
    
来る日を間違えました。   
     
晴れの日のほうがよかった……
     
     
   
気を取り直して街中をぶらぶらします。
    
するとローカルの市場みたいなのがありました。
    
    
   

     
     
    
この市場にもきちんと傘はあります。
    
     
     

    
     
     
市場には野菜や魚などのほか、花や衣料品まであって傘よりもこっちの方が楽しかったです。
     
     
   
市場をひと通り巡ってから、まさかスカイプロジェクトがこんなにこじんまりとしてる訳ないと思ってインフォメーションに行ってみました。
      
    
しかし、傘を飾ってるのは僕が見たエリアで全部みたいです。
      
2時間もかけて来たのにな~
     
      
そんなことを思っていると、空からの太陽の光が!
    
神様、ありがとう!!
     
もう一度傘のところに戻ります。
    
     
     

     
     
      

      
    
      

      
     
      
やっぱり晴れてる方がきれい!
     
      
それからインフォメーションでもらった地図にあった、なんだか派手なマークのところに行ってみると、
     
      
        

      
     
      
きもいペイントや、
      
      
     

       
     
      
傘のなる木がありました。
     
     
     
もうひと通りアゲダを満喫したところで、ポルトに帰って最後にポルトガルでやり残したことをやります。
          
     
ポルトガル名物のこれを食べる!
          
       
    

    
    
     
名前はわかりません。
     
ポルトの街のレストランはだいたいこの食べ物の写真を通りに出してます。
     
味は可もなく不可もなくといったところです。
     
食パンの下に、ハムとかソーセージ、ステーキがしいてあるジャンキーフードです。
     
一回食べれば十分だなと思います。
      
     
    
これでポルトガルは終わり!
       
次はあの祭りに参加した時のお話です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。