2016/10/20

キューバはスイーツ天国だった…!

オラー!
  
   
   
前回に引き続き、またまたハバナです。
  
今回は見どころについて!
  
   
   
まずはやっぱりキューバと言えばこれ!
   
   

   
   
チェさんです。
   
ゲバラさんです。
   
革命広場ってとこにありました。
   
隣のひげのおじさんは誰なんだろう?って気持ちは胸にしまっておきます。
   
   
ハバナと言えばここ!みたいなとこあるからさぞ人がいるんだろうな~と思ってたらびっくりするくらいガッラガラでした。
   
   
一人で行ってたので写真を撮ってくれる人を探すのも大変なほど!
     
ようやく見つけたおじちゃんに撮ってもらいました。
   
     

   
   
ん~~。
   
ゲバラさん切れてらっしゃる。
   
なんか撮り直してもらうのも申し訳ないのでこれで良しとします。
   
   
  
外国人って人をメインで撮りたがりますよね。
  
   
   
ゲバラさんの他にも、オビスポ通りや、
  
   

   
   
カテドラル、
   
   

   
   
なんか綺麗な建物、
   
    

    
    
ツアー客が集まっていた観光スポットであろう地下道みたいなの、
    
    

    
   
カピトリオという国会議事堂的なのもあります。
   
   

    
   
ここ数年ずっと修復中です。
   
   
このカピトリオはなんでもアメリカのホワイトハウスがモデルだとか。
    
言われてみればホワイトハウスに見えなくもありません。
    
キューバの敵国であるアメリカのパクりだなんてなんだかおかしな話です。
    
    
きっとあれですね、アメリカと仲よかった頃に建てちゃったんでしょうね。
   
    
   
他にもまだまだあります。
   
クレイジージャーニーで取り上げられたという廃墟。
    
   

   
   
なんか住み着いてる人がいるってことで有名になったみたいです。
    
   
でもそれってただのホームレスじゃないですか?
    
そのホームレスにお金を渡せば中に入れるらしいですが、なんか癪なので入りませんでした。
    
    
   
海沿いにはこんな白い建物があります。
   
    

   
   
通称「倉庫」。
   
サンホセ民芸品市場といって、お土産屋さんが物凄い数並んでます。
    
   

    
   
   

   
   
お金が若干余り気味だったので僕にしては大量のお土産を購入してしまいました。
   
   
   
ハバナ滞在最終日には、ちょうどイベントがあるというので行ってみました。
   
場所の名前は忘れました。
  
入り口はこんなで感じで、
   
    

   
   
中に入るとアートで溢れてます。
   
   

   
   
   

    
    
僕にはアートはわかりませんでした。
   
   
   
さらにここではボンガ(?)の演奏を見ることができます。
   
   

    
   
踊ってるお姉ちゃんたちの笑顔が素敵です。
    
   
しかし物凄い人だかりで風通しが悪く、完全なサウナ状態だったので限界を迎えて5分で出ました。
    
出る頃には汗だくです。
    
まじで暑かった。。
   
   
   
ハバナ観光はこんなもんです。
   
以外とやることなかったです。
    
宿の台湾人が開いてくれた台湾料理パーティが一番楽しかったです。
   
   

   
   
あ、ハバナにはまさかの日本人がやってる日本食レストランがありました。
   
カツ丼や、
   
   

    
   
トンカツ生姜焼き定食がありました。
   
   

    
   
どちらも200円です。
   
しかも僕の滞在中にチェゲバラの娘が来てたみたいです。
   
すげえ。
   
   
   
観光では正直キューバは期待はずれでした。
   
でもそんなハバナで僕が認めることが一つだけ。
   
甘いものが安くて美味しい!
   
甘党の僕にはたまりません。
    
   
   
前の記事にも載せたように、アイスは一番安くて4円で食べることができます 。
   
他にもいろいろありました。
   
一気に紹介してキューバ編を締めくくりたいと思います。
   
    
   
チュロスとアイスチョコレート、合わせて150円。
   
   

    
   
ココナッツの身を使ったココナッツアイス、40円。
   
   

   
   
そして中でも僕の選ぶベストオブスイーツinハバナがこれ!
   
   

   
   
プリンです。
   
英語で言うとプディングです。
   
もうこれが美味しすぎでした。
   
   
初めて行ったときはあまりの美味しさに一瞬でお代わりしました。
   
それから毎日通って1日3つくらい食べてました。
   
3日でワンホールは食べましたね。
   
これは革命です。
   
日本で売っても売れると思いました。
   
   
  
これ以外にもケーキとかいろいろあったんですけど、写真撮るの忘れてたみたいです。
   
   
本当にキューバはスイーツ天国です。
   
1カ月キューバにいたら糖尿になる自信あります。
   
   
キューバといえばチェゲバラ!といあのはもう古いです。
   
これからはキューバといえばスイーツ!と言われる日が来るでしょう。
    
何が言いたいかっていうとキューバはスイーツ天国だったよってことです。
   
   
    
これでキューバ編終わり!
スポンサーサイト
2016/10/15

ハバナを汗だくで散歩する

オラー!
   
    
  
トリニダー観光をささっと終わらせた僕はハバナに戻ります。
   
ハバナまでカミオンで向かうつもりでハバナ方面行きのカミオンの発車場所も前日にリサーチしました。
   
   
しかし、前回のツーリストバス移動が快適過ぎて面倒くさくなったのでカミオンで行くのはやめました。
   
  
しかも今回は宿が手配してくれるタクシー!  
   
バスと同じ値段でハバナの宿まで行ってくれるので楽チンです。
   
お値段は25クックです。
   
宿の韓国人も一緒です。
   
  
普通の乗用車サイズを想像してたらこんなバンみたいなのでした。
   
   

   
   
ハバナまでは4時間くらい。
   
途中で休憩もあります。
   
休憩場所の幹線道路ではヒッチハイクしてるキューバ人がいました。
   
    

    
   
キューバでは有料ヒッチハイクは当たり前らしいです。
   
   
   
こうして10日ぶりくらいにハバナに戻ってきました!
   
ハバナには前回と合わせて6日くらいの滞在で、長くなりそうなので2回に分けることにします。
   
まずは街歩き編から!
   
   
   
ハバナの旧市街は世界遺産になっているのでどこを歩いても良い雰囲気です。
   
   

   
    
   

    
   
建物が古いものが多くて、若干おどろおどろしくなってるところもあります。
   
宿の前なんかが特にそうです。
   
   

   
   
街灯も少ないので夜はけっこう暗いです。
   
   

   
   
ですがハバナは治安は良いと言われています。
   
   
夜少しだけ歩いたらぽつんと一際輝く建物がありました。
    
   

    
   
広場みたいなのも所々にあります。
   
   

    
   
ハバナでは暇なのでとりあえずぶらぶら歩いてました。
   
    
もちろんくそ暑いので昼ごろまでと、午後4時以降です。
   
それでも暑いです。
    
汗ダラダラかきながら歩いてました。
   
   
キューバは蒸し暑くて日本の暑さに似てて嫌な感じです。
   
   
   
物資が不足しがちだというキューバですが、こんななんちゃってショッピングモールのようなものがあったり、
   
   

   
   
廃墟みたいなもとマーケットがあったり、
   
   

   
   
戦闘機が置いてある博物館っぽいのがありました。
   
   

   
   
あ、キューバでは輸入が最近まで止まっていたので、エチオピアのど田舎でもあったあのコカコーラがほとんどありません。
   
その代わりこんな野球の絵のコーラがあります。
   
   

   
   
コカコーラよりも少し甘い感じです。
   
  
でも昔は完全になかったらしいコカコーラとかファンタも見かけたので、その辺も変わってきてるのかもしれません。
   
   
  
そして僕が歩いていて一番衝撃を受けたのがこれ!
   
   

   
   
自動販売機です。
   
うそ?キューバに?
   
って思いました。
   
試していないのでちゃんと動いているのかは謎です。
   
   
  
他には歩いていると人形とダンスしてるおばちゃんがいたり、
   
   

   
   
パレードみたいなのに遭遇したり、
   
    

   
   
カポエイラに遭遇したり、
   
   

   
   
キューバらしく野球をしてるおじさん達がいました。
   
    

    
   
混ぜて欲しそうな顔で30分くらい見てたんですけど仲間に入れてくれませんでした。。
    
   
   
あ、野球と言えば、最後の望みをかけてハバナの野球場でいつ試合があるのか確認してきました。
   
    

   
   
でも誰に聞いても確実な情報が得られません。
    
てか同じ答えが返ってきません。
   
   
  
キューバ人はあまり知らないって言いません。
   
みんな適当に明日だとか、今シーズンはもうないだとか、来週だとか言います。
    
球場の中にいる職員でも適当なこと言ってきます。
   
   
さすが客引きとかも含めてリトルインディアとか言われてるだけのことはあります。
   
   
他の日本人の方の情報では、サンティアゴでの試合が中止になってスケジュールがずれたみたいでどうやらハバナではしばらく試合はないみたいです。
   
   
残念・・・
   
キューバでの野球観戦は諦めます・・・
   
野球の神様は僕を救ってはくれませんでした。
   
    
   
気を取り直して夕日を見に行きます。
   
   
   
  
   

   
   
左はトリニダーから一緒の韓国人です。
  
僕の兄弟なんじゃないかともっぱらの噂になってます。
   
   
実は夕日を見に行くのも三回目チャレンジです。
   
一回目は日没に間に合わず、二回目は雨行こうと思ってたら雨が降ってきました。
      
ハバナは海沿いにあるので夕日も綺麗でした。
   
建物が絶妙の位置にあって太陽が隠れてたけど。。
   
   
   
こんな感じでハバナ街歩き編は終わり!
   
次回はハバナの見どころ編です!
2016/10/14

ちょっとだけ重い気持ちになるブログ

オラー!
   
    
   
台風の接近に危機を感じた僕は、カミオンでの移動を諦めツーリストバスで一気にトリニダーという街に向かいます。
   
キューバでの初めてのツーリストバス!
   
   

    
   
トリニダーまでは夜行で約12時間くらいです。
    
ハバナより近いのにハバナ~サンティアゴ並みに時間がかかる不思議です。
      
お値段は33クック(3300円)。
    
高い。。
    
   
てすが快適さはカミオンと天と地の差です。
    
   
冷房が効き過ぎとの噂だったので、防寒対策をバッチリして爆睡かましたらあっという間にトリニダー到着!
   
    
   
トリニダーは街自体が世界遺産です。
   
ハバナからも近いこともあってツーリストも多いのでその分客引きも激しい!
   
ターミナルにいる大量の客引きをかわして事前に調べていたカサにチェックイン!
    
   
そしてそのままカサに泊まっていた韓国人達がビーチに行くというので一緒に行くことにしました。
    
キューバで初めてのビーチ!
    
   
そういえばせっかくカリブ海の島キューバに来たのに全然海楽しんでませんでした。
   
    
   
タクシーで20分くらい。
    
海めっちゃ綺麗でした。
    
   

   
   
ちょっと沖の方に行くと魚もいます。
    
人も僕たち以外に2組くらいいるだけでほぼ貸切状態!
    
   
4時間くらい海を満喫します。
    
海でやることは日本人と同じみたいです。
    
    

        
   
友達の韓国人達は韓国人にしては珍しく色が白いのを気にしてるみたいで、サンオイル塗りたくってました。
   
    
   
次の日はとりあえず街歩き!
   
キューバでは馬がまだ移動や運搬の手段として現役バリバリです。
   
   

   
    
ここトリニダーでは特に多かったかも!
   
つまり臭いです。
   
  
   
そして、トリニダーは初めにも言ったように街自体が世界遺産です。
   
街並みがカラフルだったり、石畳みだったりヨーロッパっぽいです。
   
   

      
    

   
   

    
   
集合住宅みたいなのまでカラフルでした。
     
    

   
   
この塔はキューバの硬貨にもなってる塔みたいです。
   
    

   
   
一通り散策した後は、街から少し離れたところにあるロス・インヘニオス渓谷という世界遺産に行ってみることにしました。
    
   
ロス・インヘニオス渓谷は植民地時代に砂糖のプランテーションが行われていた場所らしいです。
    
ロス・インヘニオス渓谷までは、トリニダー駅から往復10クックで観光列車が出ています。
       
この列車も、かつてプランテーションで作られた大量の砂糖を運ぶためにつくられたとか。
   
   
   
それは乗ってみたいと思って駅へ行ってみると、先週くらいから線路にプロブレムがあって運休中だとか・・・
    
線路や列車らしきものだけ撮って退散します。
   
    

    
     

    
   
「あ~なんかキューバついてないな・・」
    
と思いながらも、ロス・インヘニオス渓谷へは行きたいので、ミニバスで行くことにしました。
    
    
   
街の中心のバスターミナルからこんなのに揺られること20分・・・
     
     

(20分だったから良かったけど、なかなかの混み具合できつかった。。)
     
    
こんな何もなさそうなところに着きます。
    
   

    
   
街らしき方に歩いていくと、こんなレストランがあります。
      
   

    
   
今はレストランですが、この建物はかつてのこの辺りの領主の邸宅だったもの。
    
傍にはこんな鐘があります。
      
    

    
   
この鐘はプランテーションで働かされていた奴隷達の労働の始まりと終わりを知らせる鐘。
    
    
さらにその奥には、奴隷達を見張るために建てられたという塔があります。
   
   

   
    
上まで登ることができるというので登ってみます。
   
入場料は1クック。
   
急な階段を登ると、辺り一面を見渡すことができます。
   
   

   
   
塔の周りではたくさんのお土産が売られていました。
    
   
この帽子もかつての奴隷達が被っていたのかななんて思いながら、トリニダーの街へ戻ります。
   
   
   
そして夜は珍しくレストランへ!
   
トリニダーではロブスターがたくさん採れるので格安で食べられるみたいで、さらに噂のレストランでは日本人なら割引きがあって6クックで食べられるとか!
   
   
これは行くしかないです。
   
写真はこれしかないけど、他にも料理があってしっかりしたコースのような感じです。
   
   

   
   
うんんんんんま!!
    
やっぱり美味しいものを食べれるのって幸せです。
   
   
   
後日談なのですが、台風は10年ぶりくらいの規模だったらしいです。
    
やはりキューバ東部を直撃し、バラコアはすごい被害だったとか・・・
   
交通機関とかもけっこう止まってたみたいです。
   
  
危なかった~~
   
   
予定を早めてトリニダーまで来ることを決めたあの時の僕のナイス判断です。
   
   
   
被害を受けた地域の1日も早い復興を願っています。
2016/10/13

神様野球を見せてください

オラー!  
    
   
バラコアから野球を見るためにサンティアゴに戻ります!
   
またまたカミオンで移動しようと思います。
   
   
   
前日にグアンタナモ行きのカミオンの発車場所を調査し、そこで朝6時から待機していました。
   
待機すること2時間・・・
  
   
カミオン来ない!!
   
   
周りのキューバ人に聞いても、ここからグアンタナモ行きのカミオンが出るっていうやつもいれば、違うターミナルだって言うやつもいます。
        
カミオンの最初の難関は発車場所と時間を聞き出すことです。
   
カミオンは謎のベールに包まれているのです。
   
キューバ人でも知らない人がけっこういます。
    
でもキューバ人はあんまり「知らない。」と言わないので適当なこと言ってきます。
   
    
    
さすがに痺れを切らし、別のターミナルから出てることを信じて移動します。
    
そこのターミナルにいたキューバ人に聞くと、ここからグアンタナモ行きのカミオンが出てると即答で言われたのでそれを信じて待つことにしました。
    
    
そのターミナルは外国人用バスのターミナルだったので、最悪カミオンが来なかったらバスに乗っちゃおうと思ってました。
     
   
待つことに1時間くらい・・・
   
   
キューバ人達がダッシュで外に向かって行くのが見えました。
   
なんだろうと思って外に出てみると、
    
   

   
   
こんなちゃんとしたバスにキューバ人が我先にと乗り込んでいます。
    
「ん?これって外国人用の高いバスじゃないの?」
   
と思って聞いてみると、このバスは30モネダ(120円)でグアンタナモまで行くみたいです。
   
   
  
え!!
   
乗りたい!ちゃんと席あるし!
   
てか行きのカミオンより安いじゃん!
   
    
と思った時にはもうすでに遅し。
    
競争に敗れて満席になってしまいました。
    
   
   
しょぼんとしていると、その後ろからグアンタナモ行きのカミオン登場!
    
まぁカミオンでもいいか、と思って妥協してカミオンに乗りました。
    
   
ところがこのカミオンが地獄でした。
   
乗車率500%くらいです。
    
必死で撮った写真がこれ!
    
    

   
    
途中まで座っていたのですが、平均台から弾き出されてキューバ人に挟まれてました。
   
例えるなら真夏の日本の満員電車に放り込まれる感じです。
   
しかもクーラー無し、周りは汗だくのキューバ人。
   
だんだん人が減っていくのでまだマシになります。
   
    
   
止まってる時にきた物売りから買ったこのチョコが超美味しかったのだけが救いでした。
   
    

    
   
バラコアはチョコレートが名産らしいです。
   
   
   
そんなカミオンに耐えながらグアンタナモを経由し、サンティアゴデクーバ到着!
    
2度目のサンティアゴデクーバです。
   
    
   
登下校中の小学生がいっぱいいました。
   
   

   
   
   

   
   
キューバでは良く見かけます。
   
キューバでは教育が無料らしいです。
   
そしてみんなちゃんと制服を着てます。
   
意外と外国で制服って珍しいと思います。
   
   
   
キューバでの宿泊事情について触れるのを忘れてましたが、キューバでは「カサ」と呼ばれる営業許可を得た家庭の一室を借りて泊まる民泊のようなものが一般的です。
    
右上の錨マークがカサの印。
   
    

   
   
キューバにはまだゲストハウスのようなものがなく、きちんとしたホテルに泊まるかカサに泊まるかのどちらかみたいです。
    
部屋はだいたい綺麗でエアコンもついてるし快適です。
    
    

    
   
今はオフシーズンなので交渉して一泊10クックくらい。
    
   
サンティアゴデクーバで泊まった宿の屋上からの夕日が綺麗でした。
   
    

    
   
そして屋上に出ると嬉しそうに顔を出す隣の家の犬がめちゃくちゃかわいかった!
   
    

   
   
カサをやってる家にはパソコンがあったり、お金持ち感が滲み出てます。
    
だって月収20~30ドルの国で一泊泊めたら10ドルですからね。
   
   
ただ、営業許可を得るために毎月一定額を政府に納めないといけないみたいです。
     
キューバではこうして自営が広く認められるようになってきているので、これから貧富の差も広がっていくのかもしれません。
   
    
   
さて、サンティアゴデクーバですが街の雰囲気は個人的にキューバで一番好きかもしれません。
   
    

   
    
    

   
   
「三丁目の夕日」感があります。
    
あとはやたら店の前に人が集まってます。
   
   

   
    
配給でもしてんのかな?
   
    
   
そして、サンティアゴデクーバは音楽の街!
    
街中の公園でも楽器を演奏してる人達がいたりします。
   
    

   
   
ということで、音楽を聴きにいきました。
    
   
まずはローカル感たっぷりの公民館みたいなところ。
   
   

   
    
同好会みたいな雰囲気でした。
   
観客は僕と地元の人数人くらいです。
   
    

   
   
左端に写ってる怪しげなおばちゃんに誘われてサルサ踊りました。
  
    
   
それからちゃんとしたバーのようなところへ!
   
    

   
   
こっちはプロがやってるっぽかったです。
   
演奏よりも、途中で出てきたダンサーのサルサが凄かった!
   
   
   
音楽以外は特に見るものはありません。
   
街の中心にある教会と、
   
    

   
   
キューバ革命の発端とされている場所、モンカダ兵営博物館くらいです。
   
     

(黒い点々は銃弾の跡!)
   
   
しかし、サンティアゴデクーバは食べ歩きが楽しかったです!
    
おっちゃんがゴリゴリ削ってくれるカキ氷みたいなのが2モネダ(8円)。
    
   

   
   
メロンかと思ったらミント味でがっかりしたやつ。
   
    

   
   
アイスとケーキが入ってるこんなのが3モネダ(12円)。
   
    

   
   
普通のアイスが1スコップ2モネダ(8円)。
   
   

   
   
キューバ人は大きめの容器を持ってきて、しこたま持って帰ってました。
   
他にも、チュロスがあったり甘いもの好きの僕は常になんか食べてました。
   
キューバ最高です。
   
        
  
そして、いよいよサンティアゴデクーバまで戻ってきた目的、野球の試合の日です。
    
一応昼間に、本当に今日野球があるのか確認しに行きます。
    
すると、
   
「ハリケーンが来てるから試合は全部中止になったよ。」
   
って言われました。
    
   
   
え。。
     
そ、そんな・・・
    
野球のためだけにせっかく戻ってきたのに・・・
    
一応野球場はこんな感じ。
   
    

   
   
てか台風そんなやばいの?
   
と思って店にあるテレビを見ると、
   
    

   
   
来てるううううううううう。
    
なんかでかくてやばそうなのが来てるううう。
    
    
しかもキューバ東部のサンティアゴデクーバやバラコア直撃みたいです。
   
   
カサのおばちゃんに聞くと、明日か明後日にはここに来るみたいです。
    
そしてキューバでは台風が来ると交通機関がマヒしたりして動けなくなったりすることもあるみたいです。
   
サンティアゴになんか閉じ込められたくない。
   
   
うん。逃げよう。
   
    
本当はサンティアゴからカミオンで刻みながらいくつかの街を経由してハバナ方面に戻ろうと思っていましたが、台風がやばそうなので一泊短くしてツーリストバスで一気に移動することにしました。
   
   
    
逃げろ逃げろ~。
2016/10/12

思い描いていたキューバの景色がバラコアにはあった

オラー!   
    
   
バラコアはキューバの東の端にある街。
    
キューバ最古の街らしいです。
   
   
街の規模はとても小さく、30分あれば街の端から端まで行けてしまうくらい!
    
    

    
   
そして何よりすぐそこに海があります。
   
    

    
    
着いた初日はカミオン移動の疲労で宿で休み、次の日から行動開始!
    
まずは街が海沿いにあるということで、早起きして朝日を見に行きます。
    
    

    
   
それから近くに隠れ家的なビーチがあるというので行ってみることに!
   
   
まずはこんな黒砂のビーチを歩きます。
   
    

    
   
さすがカリブ海、海がめちゃくちゃきれいです。
   
    
    
そして海沿いにある川を横目に、ジャングルみたいなところを抜けます。
   
   

   
   
すると、今にも抜けそうなウルトラ危ない橋がありました。
   
    

    
   
写真じゃあまり伝わりませんが、この橋本当にこわいです。
    
今まで渡ってきた橋の中でダントツでボロかったです。
   
   
そんな橋をおそるおそる渡って、その橋をチャリンコと共に渡ろうとしてる無謀なおじさんをかわして歩いていくと、
   
   

    
    
漁村のようなものがありました。
   
    

   
   
    

    
   
お!何だか良い感じ!
      
イメージ通りのキューバの田舎です。
    
バラコアは何もないけど静かなところだと聞いてたわりに、思ってたよりも街だったのでがっかりしていたところです。
    
こういうの求めてました。
   
   
   
さらに奥に進みます。
   
    

   
   
途中で料金所のようなところがあり、僕の目指していたビーチの他にバラコアが見渡せる丘があるというので行ってみることにしました。
    
入場料は合わせて3クックです。
   
    
こんな道を歩くこと30分くらい・・・
   
   
丘に到着!
   
   

   
   
おお!
   
めっちゃ良いじゃん!!
  
   
テンションあがります。
    
どれくらいテンション上がったかと言うと、他に誰もいないのをいいことにカメラのセルフタイマー機能を使って写真を撮りまくるくらいです。
   
   
ですが、一枚目を撮った時に驚愕しました。
   
   
顔と身体の色違い過ぎだろ。。
   
なんだこれ??
    
こんな顔じゃ2月の真冬に日本に帰ったら浮きまくっちゃう・・・
    
これからは紫外線にも気を遣いながら旅をしたいです。
    
そんな僕の写真がこちら!
    
    

    
    
実は上半身裸にリュックというイケてるスタイルでここまで来てました。
   
キューバ暑過ぎるのです。
    
リュック型に日焼けしたのは言うまでもありません。
   
    
   
丘でゆっくり休憩してから、次はビーチに向かいます。
    
道中は、ザ・キューバといった感じです。
        
   

        
   
   

    
   
途中、洞窟みたいなのがあるっぽいので向かおうとしましたが、自称ガイドが付いて行くと言い張り、チップを要求してくる予感ビンビンだったので行くのをやめました。
    
   
キューバはけっこうインドっぽい感じがあります。
   
    
丘からさらに30分、ビーチ到着!
   
    

   
   
・・・ってあれ?
   
しょぼくない??
   
ただの岩場です。
   
まぁたしかに水は綺麗だけど。。
    
申し訳程度に水浴びをして宿に帰りました。
   
    
    
   
それ以外はのんびり散歩してました。
   
    

     
        
インドみたいなチャリンコタクシーがそこら中にいます。
   
    

   
   
それと、キューバ人は綺麗好きなのか知りませんがよく掃除してます。
   
   

   
   
ゲバラはやっぱり人気みたいです。
   
    

    
     
俺を撮れと言ってポーズを決めだすおっちゃんがいたり、
     
    

    
   
学校を覗いてみたり、
   
    

    
   
鳩を捕まえてるワイルドな少年達がいました。
   
     

    
   
さらにこの少年達のワイルドなところが、鳩の口から無理やり息を吹き込んで鳩の胸を膨らませて遊んでること!
   
は、鳩。。
    
まだ日本人の心を残している僕は、「衛生的に大丈夫なの?」とか思っちゃいますが、キューバの少年達は逞しいです。
   
    
   
最後に、バラコアにはキューバ1美味しいフルーツジュース屋さんがありました。
    
店は常に賑わっています。
   
    

   
   
一杯2モネダ(8円)。
    
   

   
   
やっっっす!
   
マンゴー、メロン、グァバと色んな種類があります。
    
1日5杯くらい飲んでました。
   
ちなみに、写真のやつは唯一外れを引き当ててしまったボンバとかいう名前のジュースです。
   
   
ボンバってなんなんだろ?
    
ネットがないので調べられません。
    
とりあえずゲロみたいな味がしました。
    
でもキューバ人には人気みたいです。
    
    
   
以上、バラコア観光でした!
   
    
    
なんかキューバ人がサイクロン、サイクロン言い始めてるけど大丈夫なのかな・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。