2016/09/24

やっとトロント観光します。それと業務連絡

ハロー!   
   
   
10年来の友人、辻ちゃんの最低限のミッションが終了したところで、いよいよトロントを観光します。
   
トロントの目玉と言えばナイアガラの滝!
    
僕のリサーチによると、カジノバスというバスが最安でナイアガラまで行けるみたいなのでカジノバスを使ってみようと思います。
   
    
カジノバスだと往復20ドル、普通のバスだとだいたい30ドルくらいです。
   
    
    
バスに乗り込んで2時間ほど・・・
    
ほんとにカジノに到着しました!
   
    

    
   
カジノバスはナイアガラの滝に隣接しているカジノリゾートへ向けて運行しているバスみたいです。
   
一応建前ではカジノの利用者以外は乗ることができません。
    
でも確認とかはなかったのでナイアガラの滝目当ての乗客がいることも暗黙の了解になってるんだと思います。
   
   
    
このカジノ、ほんとにナイアガラの滝に隣接してるので、5分ほど歩くと
    
    

   
   
見えたー!滝!
   
    
そして滝の側まで近寄ってみます。
   
    

   
    
    

     
    
おおおおおおおお!!
   
めっちゃでかい!!
   
   
二人で記念撮影もします。
   
    

    
    
まさか辻ちゃんとナイアガラの滝に来ることになるとは・・・
    
たしか中学の教科書にナイアガラの滝出てきてたような気がします。
    
なんだか感慨深いです。
    
    
   
ちなみに辻ちゃんは広角レンズを持っていて、辻ちゃんのカメラで滝を撮るとこんな感じになります。
   
    

    
    
僕のカメラだとこの3分の2くらいしか写りません。
    
街中で撮った写真も見せてくれましたが広角レンズすごいです。
   
   

    
    
    

    
    
広角レンズ欲しい!!
   
でもカメラを買い直した僕にはもちろんそんなお金ありません。。
   
    
    
上から見る滝に満足したところで、滝壺に近付けるクルーズがあるみたいなので行ってみました。
    
一枚目の写真に写ってる船に乗るやつです。
    
    
ものすごい濡れるみたいなのでカッパが配られます。
    
船の上は赤ずきんちゃんだらけです。
   
    

    
   
カッパの厚さに不安がありますが、いざ出航!
    
    
   
まずは小さい方の滝に近づきます。
    
   

    
    
下から見た方が迫力があります。
    
    
そして大きい方の滝へ近づきます。
   
ドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!
    
   

    
   
もう雨です。
   
いや、ゲリラ豪雨です。
     
しかも滝の水は汚くて臭い!
    
どれくらい汚いかというと、こんな公害が発生してるくらいです。
    
    

   
    
そんな水が全身に降り注いできます。
    
    
   
こうしてクルーズを楽しんだ僕たちは、せっかくなのでカジノに行ってみることにしました。
   
   
ネパール以来二度目のカジノ!
   
ネパールのカジノを想像していったら全然違いました。
    
なんかゲーセンみたいな雰囲気です。
    
    

    
   
僕もスロットに挑戦することになりました。
    
賭け金は5ドル(約400円)。
   
僕の一食分にあたります。
    
   
この5ドルに全てを賭ける!!
    
      

    
   
僕の覇気で写真がボケボケになってしまいました。
    
ここで大儲けして、キューバで夢のオールインクルーシブホテルに泊まってやろうと思います。
    
    
    
結果・・・
   
     
    
ものの15秒くらいで5ドルが飲み込まれて行きました。。
    
くそーーー!
    
あの5ドルがあればマック行けた!!
    
   
僕がカジノに来るには10年早かったみたいです。
    
    
    
カジノの雰囲気を楽しんだ後は、日も暮れて来たのでもう一度滝の方に戻ります。
    
夜には滝がライトアップされるらしいです。
    
こんな感じ。
    
     

    
    
    

    
    
可もなく不可もなく、ってのが感想です。
    
こうしてナイアガラの滝は終わり!
    
    
    
滝以外では美術館に行ったりしました。
   
    

    
    
この美術館は水曜の6時以降は無料で入れます。
    
歩き回ってると、こんな作品がありました。
    
    

   
   
人が合わさることでこの作品は完成みたいです。
    
たまにこの人が動き出します。
   
僕にはアートは一生わからないだろうなと思いました。
    
    
    
飽きてきたところで面白そうなものがあったので遊びます。
    
    

    
    
     

    
    
日本だったら絶対やってません。
   
外国だからできるのです。
    
    
他にはブルージェイズのスタジアムを指をくわえて眺めたり、(チケットを取ろうとしたけど一週間前で売り切れてた)
    
    

     
   
行列のできるラーメン屋を発見したりしました。
     
    

    
     
他にもいろいろやりましたが、長くなってきたので省略します。
    
   
    
     
こうして、6日間過ごした辻ちゃんとお別れの時が・・・
    
本当に辻ちゃんと外国で一緒に過ごす日が来るとは思ってませんでした。
   
会えて嬉しかった!
   
カナダライフは最初からトラブル続きみたいですが、辻ちゃんなら楽しんでうまく乗り越えていけるでしょう。
    
6日間ありがとう!
    
ワーホリ頑張れ!
    
来年日本で!!
     
     

    
    
     
さて、僕は今トロントの空港にいます。
   
明日の朝のキューバへのフライトに向けて得意の空港泊です。
    
そうです、次の目的地はキューバ!
    
   
なんでもネット環境があるとか無いとか・・・
    
課金すればWiFiあるらしいですが、せっかくの機会なのでネットを断つことにします。
    
というわけで、3週間ほど更新が途絶えますがご心配なく。
     
社会主義で未知の国、キューバ。
    
楽しんで行ってきます!
スポンサーサイト
2016/09/22

僕がカナダに来た理由

ハロー! 
      
     
     
ヒッチハイクを諦めた僕は、おとなしく夜行バスでトロントにやってきました!
  
到着時間午前3時!
  
この時間のバスが一番安かったんです。。
     
      
        
 
朝までマックで時間を潰します。
     
カナダのマックは24時間営業なのです。
  
最高です。
  
これもう宿要らないんじゃ…?って思いました。
   
   
   
アップルパイ(冷めてる)で6時間くらい粘った後は、フィリピン留学の時の友達と待ち合わせしていたのでそこへ向かいます。
   
   
そもそも僕がこんなに物価の高いカナダに来たのは、友達に会うため!
    
ここトロントには留学していたり、ワーホリで来たりとやたら友達がいるのです。
    
    
フィリピン留学の時の友達はその1人目!
   
半年ぶりの再会です。
   
半年間の留学でトロントに来たものの、最初の一カ月しか学校に行かなかったって言ってました。
   
それ大丈夫なの?って思いましたが、カナダライフを満喫してたみたいなので良かったです。
  
ホームステイ先でいろいろやってたみたいです。
   
韓国料理をおごってもらっちゃいました。
   
   
   

   
    
   
ごちそうさまです!
   
   
ごはんの後に連れていってもらったスーパーで、最近一番の衝撃を受けました。
   
   
   

   
   
   
え!
   
  
   

   
    
    
ええ!!
    
    
   

   
   
    
えええ!!!
   
    
   

   
    
    
ええええ!!!!
   
ここは日本のスーパー…?
  
圧倒的な品揃えです。
    
もうずっと「うわ!これある!」って一人で興奮してました。
   
友達には若干呆れられた目で見られてたけど気にしません。
   
このスーパー2時間はいれます。
    
トロント一の観光名所になるんじゃないかなと思いました。
   
   
    
友達とは今日ご両親がカナダに来るみたいなのでここでお別れ。
   
もう数日後に帰国という忙しい時期なのに時間をつくってくれました。
   
ありがとう!!
  
    
     
そして次もまた他の友達との待ち合わせ場所に向かいます。
    
その友達がこれ。
   
    
   

   
    
    
右側がトロントに留学中の岡部氏。
   
ちなみにトロント滞在中のほとんどは彼の家に泊めてもらいます。
    
そして左側は僕のトロント滞在に合わせてカナダまでやってきた水口氏です。
   
   
どちらも大学のサークルの友達です。
   
   
この写真は自炊で親子丼を作ったときの写真です。
    
アフリカ・タンザニア以来の親子丼チャレンジ!
   
調味料豊富なカナダではあの時の10倍くらい上手くできました。
    
彼らと2日間、近況報告をしたりしてダラダラ過ごします。
   
    
    
そしてついに、あの人がフィリピン留学を経てここトロントへやってきます!
     
宿をとっていたので先にチェックインして待っていました。
    
    
・・・
    
    
あれ?来ないぞ?
    
到着予定時刻を大幅に過ぎても来ません。
     
入国審査でなんかトラブったのかなと思っていると、予定より5時間くらい遅れてフラフラになりながら宿にやってきました。
   
    
     

    
    
    
辻ちゃん!!
    
右側です。
    
僕の髪と顔がやばいのは気にしないでください。
   
    
なんでも飛行機が他の空港に緊急着陸したらしいです。
     
何そのエピソード!!
   
もうこの旅で飛行機に10回くらい乗ってる僕でも経験してません。
     
そのネタちょっとうらやましいです。
     
     
そんな「持ってる」男辻ちゃん、僕の小1だか小2だかからの友達で、今回ワーホリでカナダに来ています。
    
もう10年以上の仲です。
     
まさかカナダで会うなんて、あの頃の僕らは想像もしなかったでしょう。
    
人生何があるかわかりません。
     
     
そんな辻ちゃんと一週間ほどカナダライフを送ります。
     
     
    
合流した次の日、朝からカロリーお化けみたいなワッフルを平らげて辻ちゃんのワーホリ準備に付き合います。
    
    
     

    
     
     
まずは冬の装備をここで整えるか迷う辻本氏。
    
    
    

    
     
     
冬のカナダは極寒です。
    
加えて、冬にはオーロラを見に行くって言ってました。
    
生半可な装備では歯が立ちません。
    
オーロラのすごさを力説しておきました。
      
かなりお得で暖かそうなコートがあったけど今日はパスみたいです。
    
    
そしてお金を下ろしたり、給料の振込みに必要な銀行口座をゲットしにいきます。
     
30分ほどで口座はできたようです。
    
無事口座をつくり、ほくそえむ辻本氏。
    
     
     

    
      
      
完全に悪いこと企んでる顔です。
      
真っ当な仕事をする気があるのか不安に なります。
      
友として彼が道を踏み外しそうな時は全力で止めようと決意しました。
     
      
それから、何やら働くのに必要な怪しげな書類の提出に向かいます。
     
     
    

    
    
     
思っていたより人がいて時間がかかりそうだったので後日出直すことにしました。
     
こんな感じでトロント滞在前半は久しぶりの連続!
    
    
     
最後にトロントの街の紹介を忘れていたのでしようと思います。
    
言うまでもなくトロントは都会です。
     
     
     

    
     
      

       
        
       

      
     
   
さらに、トロントにはあちこちにこいつがあります。
    
    
     

         
   
     
店内の雰囲気も、ホットスナックがある感じも完璧にセブンイレブンです。
    
なんだか日本に帰ってきた気分になります。
    
    
さらにさらに、トロントにはそこら中に日本食屋があります。
     
たこーやき。
     
    
     

     
     
     
どう見てもラーメンなカツ丼。
      
     
      

    
    
     
クオリティは未知数です。
    
友達曰く美味しくないみたいです。
     
     
   
ブログの薄さからもわかる通り、トロントではゆるゆる過ごしてます。
    
日本を出て半年くらい、少し休憩ということで!
       
トロント観光はまた次回!  
    
     
     

    
         
          
あ、改行の仕方友達に相談したら直し方教えてもらいました。
   
これで少しは見やすくなってるはず!
   
今までの分も少しづつ直していこうと思います。
2016/09/19

カナダで(完全な)裸の付き合いをする

ハロー!  
   
   
この冒頭のあいさつ、その国のこんにちはを使ってるんですけど、なんかハローって言うの新鮮ですね。
  
   
  
そうです!
  
やってきました英語圏!
   
人生初のアメリカ大陸上陸です!
   
   
    
アイスランドからのフライトで到着したのはカナダ・モントリオール!
    
   
ですが実はモントリオールは公用語がフランス語みたいです。。
   
マックとか入るとハローじゃなくてボンジュールって言われます。 
   
    
   
さてさて、カナダに着いて最初に思ったことは、
   
「こ、これが先進国か・・」ってことです。
   
   
今までの南アフリカ、いやスペイン・ポルトガルすら霞んで見えます。
   
    
    
もう空港でやられました。
   
だって空港が輝いてました。 
   
     
              
    
    
    
トイレにだって荷物を引っ掛けるところがあるっていうさりげない優しさが見えます。
        
    
    
 
    
      
    
こういうところが先進国だなーって思います。
    
  
   
街並みだってこの通り、 
    
   
   

    
    
     

      
  
     
もう今までとレベルが違います。 
   
軽くカルチャーショックです。
     
ずっとビルを見上げながら歩いてました。
   
    
   
ていうか僕の格好完全にこの街から浮いてます。
   
早くもこの国から逃げ出したくなりました。 
   
    
   
そんなモントリオールで僕が泊まるのはここ!
   
   
    

   
    
    
 普通の家です。
    
つまりカウチサーフィン再びです。
   
家の中はこんな感じ。
    
   
     
   
   
   
イラン以来二度目のカウチサーフィン。
  
前回はホントに良い体験をさせてもらいましたが、今回のカウチには少し不安があります。
    
それは・・・
   
   
   
家主のおっちゃんが裸族ってこと。
    
   
そして、この家にいる間は裸にならなければいけないってこと。 
   
若干笑えないやつです。
    
    
    
なんでこの家を選んだのかというと、カウチサーフィンには宿泊先の見つけ方が2つあるんですよ。
   
   
    
一つが、「家に泊めてください!」ってメッセージを直接送る方法。
   
もう一つが、「この期間でその街に行きます!」ってお知らせをして、ホスト側からの「うちにおいで!」っていうメッセージを待つ方法。
    
    
   
僕はイランでもモントリオールでも後者の方法を使いました。
    
モントリオールは宿が高いんで、ホスト見つかったらラッキーだな~くらいに思ってたら、裸族のおっちゃんからメッセージが!
    
多少不安を感じながらも、タダで泊まれるならってすぐに泊まる約束しちゃったんですね。
   
結果的にはその後も2件くらい「泊まっていいよ」っていうメッセージもらったんですけど・・・
   
    
    
まぁまぁ、もう泊まるって言っちゃったんで覚悟をして行きましたよ。 
   
到着してインターホンを鳴らすと、おっちゃんが顔だけ出して家に招き入れてくれました。 
   
   
    
「あー。おっちゃんまじで全裸や。」
    
    
   
他にも泊まってるブラジル人とかもいたんですけど、もれなく全員全裸。
    
   
   
家の中の説明とか受けた後におっちゃんが一言。
   
   
「じゃあ脱ごうか。」
   
   
まぁね、僕も覚悟していったんでバチッと脱いでやりましたよ。 
   
「温泉みたいなもんだ。温泉みたいなもんだ。」って自分に言い聞かせながら・・
   
   
   
結果的にはおっちゃん僕の延泊のお願いにも応じてくれたし、すごく良い人でした。
   
それにこんな経験なかなかできないだろうし。
    
   
   
 
   
そんなモントリオールでは、おっちゃんのアドバイスをもとに観光しました。
   
まずはオリンピックスタジアム! 
   
   
   
 
   
   
  
モントリオールオリンピックっていつだったんだろう?って疑問とともに公園内をぶらぶらします。
   
当時の出場国の旗があったり、
   
    
    

   
    
   
メダルを獲得した人の名前が刻んでありました。
   
   
    
   
    
   
日本人の名前もしっかりありましたよ。 
   
このスタジアムを見て、「東京オリンピック、新しいスタジアムとかいらないな・・」って思いました。
   
一応観光名所みたいになってるけど人は全然いないし、スタジアムも使われてる感じしないし。
   
なぜか絶賛工事中だったけど。
   
   
   
それからは街の観光スポットっぽいところを巡りました。
   
   
お決まりの教会や、 
   
    
   
 
   
    
    
良さげな建物がたくさんあります。 
  
  
   
   
  
   
 
   
   
   
ビル群もあるのに、その中にこうやって古い建物が残ってるのがすごいなーと思いました。
   
   
   
夜景も見に行きました。 
   
一応公園とはなってるけど、真っ暗な山道を歩くこと30分くらい。 
   
   
   
 
   
    
   
久しぶりに、「これぞ夜景!」ってやつを見ました。
   
やっぱり夜景はきれいです。
    
    
    
そしてそして、カウチサーフィンを通じてメッセージをくれた人と晩ご飯を食べることになりました。
   
カウチサーフィンでは、「うちにおいで」だけではなく、「泊めることはできないけど、案内してあげるよ」っていうメッセージもちょくちょく来ます。
   
    
    
今回会ってくれるのはスイス人のルーシー。
   
カナダに留学中らしいです。
   
モントリオール名物を食べさせてあげる、って言われて出てきたのがこれ。 
   
    
    
 
   
    
   
大量のポテトにスペシャルなソースがかかってます。
   
名前は忘れました。
   
えげつない油の量です。
    
    
  
僕は日本を出てからポテトが大好きになったのでかるーく完食しましたが、当のルーシーは残してました。
   
ルーシーは日本に2回も来たことがあるそうです。
   
お好み焼き大好きって言ってました。
    
   
   
次に会えるのは日本かな? 
   
ありがとう!ルーシー!
    
   
   
 
   
   
   
もう終わりっぽい雰囲気ですがまだ終わりません。
   
   
   
僕がアイスランドで空港までヒッチハイクをしたことは記憶に新しいと思います。
   
そして僕の次の目的地はトロント。 
   
モントリオールからは500キロくらいの道のりです。
   
ここはカナダなのでもちろんバス代は高い・・・
   
そんな時一筋の光が!
   
   
   
「あ。ヒッチハイクすればいいじゃん。」
   
   
   
閃いてしまいました。
   
この柔軟な発想力が僕の売りです。
   
500キロくらいなら2日あればいける気がします。
   
    
   
二泊させてもらった後、おっちゃんにお礼を言ってヒッチハイクに繰り出しました。
   
おっちゃんによるとカナダではハイウェイでのヒッチハイクは違法らしいのでハイウェイの入り口で待つことにしました。 
   
   
   
 
   
    
   
待つこと4時間くらい・・・
    
   
  
止まんねぇぇぇぇぇ!!!
   
    
   
アイスランドではサクッとできたので余裕だろとか思ってましたが全然止まってくれません。 
   
止まる気配すら見せてくれません。
   
原因はわかってます。 
   
たぶん場所が悪いです。 
   
止まるの難しそうな感じですもん。 
   
   
でもこのヒッチハイクポイントも2時間くらい歩いてようやく着いたところです。 
    
次の良さそうなハイウェイの入り口は地図を見ると8キロ先・・・
   
    
   
無理や…諦めよう……
   
   
   
なぜか心がボキッと折れてしまった僕は、恥を忍んでおっちゃんの家に戻りもう一泊させてもらって次の日の夜行バスでトロントへ向かうのでした。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。